「ダービーの法則」

競馬で毎月20万儲けている「競馬の法則」を教えます!一緒に春のG1で勝ち組になりましょう!おすすめの競馬商材の紹介などもやっていきます。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

06月02日

(月曜日)

「ダービーの法則」~結果論~

ディープスカイはやはり強かった。
思ったよりも位置取りが後ろだったし、最後も大外に出したので届くのかとドキドキしましたが、1頭だけ次元の違う脚で圧勝でしたね。まるでディープインパクトみたいな。

しかし・・・、馬券は外してしまいました・・・。
スマイルジャックか~、アサクサキングスと同じタイプが2年連続とはな~。
あれだけアサクサキングスみたいなパターンの馬(きさらぎ賞連対で皐月賞で一ケタ着順の先行馬)は、「穴」として狙うのもおもしろいと書いたんだけど、東京向きだと思ってたフローテーションを穴にしてしまいました。

今年は法則をクリアしている馬が多かったのでそこまで手が回らなかったというのがありますが、もし「ダービーの法則」を参考にしてくれた人がいればとれてるかな(^^)。

まっ、来年は大丈夫でしょう(笑)。

ブラックシェルは不利がありながら、よく3着に来ましたね。
あれがなければ2着はあったでしょう。たらればだけど(笑)。

マイネルチャールズとレインボーペガサスは、ちょっと足りなかったですね。
アドマイヤコマンドもまだこれからの馬でしょう。
穴にしたベンチャーナインとフローテーションは、共にラスト3F3番目の脚を使ってましたが、皐月賞で2ケタ着順だったので、ここまでが精一杯かな。
サクセスブロッケンはもし皐月賞に出てればおもしろかったかも。

ディープスカイはやはり東京コースが1番強さを発揮出来ると思うので、
秋はぜひ天皇賞(秋)を目指して欲しいですね。
古馬の中距離路線は低レベルなので、勝てるんじゃないかな。
じつは「秋天の法則」も完璧なのがあります(笑)。

来年はもっと精度の高い、完璧な「ダービーの法則」にしたいと思います!

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ




スポンサーサイト

★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

06月01日

(日曜日)

「日本ダービー」~個人的見解と予想~

◎ディープスカイ
○レインボーペガサス
▲マイネルチャールズ
△アドマイヤコマンド
 ブラックシェル
 サクセスブロッケン
 (メイショウクオリア)
×タケミカヅチ
穴フローテーション
 (ベンチャーナイン)


◎ディープスカイ

本命はこの馬かマイネルチャールズにしようかと思ってました。
確かに前走キレすぎる脚を使った為、マイラーじゃないかという不安はありますが、前走よりも毎日杯の圧勝を見て、距離克服できるんじゃないかと思います。
問題は馬場と最内という方でしょう。

○レインボーペガサス

やはり皐月賞の内容が1番ダービー向きを感じさせるので、
本命はどの馬だろうと対抗はこの馬と決めてました。
母父デインヒル×アグネスタキオンというのも魅力。

▲マイネルチャールズ

皐月賞は負けましたがダービーを意識した走りで、1番強い競馬をしました。
ただ同じように後方からの競馬では決めてがないので厳しいでしょう。
先行して押し切るくらいの競馬をすれば、おもしろいと思いますが。

△一応「法則」をクリアした馬

アドマイヤコマンドは個人的にはキャリアが浅いかなと思いますが、
逆にいえばそこが魅力でしょうか。

ブラックシェルは前走が余分でしょうか。
皐月賞から直接の方がおもしろかったけど。

サクセスブロッケンは3番人気ですか・・・、ウオッカと同じなので不気味ですが、無敗というのは魅力も、ここまで人気になるとあまり魅力は感じません。クロフネやゴールドアリュールみたいに、ダートでは化け物みたいに強くても、
ダービーでは4~5着と善戦止まりという例もあるし・・・。

×タケミカヅチ

器用でどんな競馬にも対応できる感じ。皐月賞では内からスルスルと、皐月賞で連対するのはこういう馬だという、いかにもな競馬をしました。こういうタイプはダービーでも3着くらいには来そう。
単勝は7番人気ながら複勝では3番人気というのもくさい!

穴フローテーション

ダービー向きの脚質と血統で。これも3着くらいなら。
ベンチャーナインもおもしろいけど、前走が余計かなと。

この日の為のブログですから、ここは的中してみせないと(笑)。
それでは、みなさんも健闘を祈ります。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月31日

(土曜日)

「ダービーの法則」~連対馬の条件(皐月賞編)~

ダービーの枠順が決まりましたね。
有力馬が内~真ん中にかたまって激しいレースになりそうです。

前々日オッズを見ましたが、やはり人気はわれてます。
どの馬が1番人気になるのか分かりませんが、
馬連でもけっこう配当がつくので、当たればおいしいですね(^^)。

今日は、過去18年すべての連対馬を浮かび上がらせる「法則」を書いていきます。(去年は外れてるので、とりあえずそれまでのものを・・・)

まず「皐月賞組」と「トライアル組」に分けて考えていきます。

大前提として、両者に共通する条件。

◎1800m以上の重賞連対実績

 やはりダービー、連対する馬の最低条件として、
 中距離適性と重賞で通用する能力をしめしている必要があります。

 ただし、過去1頭、重賞連対実績がなく勝った馬がいます。
 フサイチコンコルド
 この馬は前走、2200mのオープン勝ちを含む、2戦2勝でした。

◎オープン勝ちを含む無敗の馬

 このタイプはやはり底を見せていないという事でしょう。

今年だと、サクセスブロッケンが、ダートながら前々走東京、前走1800mのオープン勝ちなので当てはまりますね。(本当は2200m以上の芝オープンといいたいところですが)

それではまず、『皐月賞組』のチェック方法から書いていきます。

○基本的には「6着以内」。
 まあこれは絶対という訳じゃなく、あくまで目安程度で。

問題はここからの絞込みになります。
ダービーが行われる東京コースで武器になるのは、やはり末脚の威力なので、
小回りの中山コースでそういう差し脚を見せた馬をピックアップします。
これは、桜花賞→オークスの考え方と同じですね。

◎10頭以上を抜く「鬼脚」を使った馬。

過去、このタイプの馬がたくさん連対していますが、まず思い浮かぶのは、
やはり人気薄で2着になったボールドエンペラーですね。
皐月賞16番手から6着、ダービーでは14番人気ながらスペシャルウィークの2着につっこみ、万馬券を演出しました。

今年、この条件に当てはまるのは、レインボーペガサスです。

○道中、10番手以降から5頭以上抜いた馬。

これは、「鬼脚」の小型版になりますが、東京コースで有利な差し・追い込みタイプの脚質の馬が、5頭以上抜きを見せた場合、ダービー連対候補に入ります。
それと、やはり上がり3F最速の馬。

それから「鬼脚馬」と同じくらいの重要な項目。

◎逃げて勝った馬。
 もしくは4角2番手以内で連対した馬。


G1を逃げて勝つ、もしくは4角1~2番手で連対するというのは、相当な能力がないと出来ない芸当です。

サニーブライアン
ジェニュイン
ミホノブルボン
ビワハヤヒデ
アイネスフウジン

ただし、連対した2頭共が、4角2番手以内という「行った行った」の結果で、単純に展開が向いたと思われるレースだった場合があります。

去年のヴィクトリーーサンツェッペリン
98年のセイウンスカイーキングヘイロー(2頭とも強かったけど)

この場合、ダービーで連対した馬はいません。

今年はキャプテントゥーレが強い競馬で勝ち、ダービーも期待してましたが、出走できないのは残念です。

以上が「皐月賞組」で連対出来る条件です。

去年のアサクサキングスが抜けてますが・・・。
この馬は先行しての7着だったので、「法則」には当てはまってませんでした。
これはウオッカが勝った「特別な」年だった為、例外と考えるべきか、
それとも「きさらぎ賞」を勝っているからという見方も出来ますが。
個人的に、きさらぎ賞はダービーに「直結するレース」だと考えてるので。

なので、きさらぎ賞やほかの直結レースを勝ち(連対)、皐月賞でG1の厳しい流れを経験した馬、もしくは一ケタ着順だった馬は穴馬候補として挙げるというのでもいいかもしれません。
とりあえず今年の結果次第ですが。

それでは次回、「トライアル組」の連対条件を書きますので。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



究極のインターネット競馬新聞!馬三郎



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月29日

(木曜日)

的中率90%以上~過去18年~「ダービーの法則」

またまた雨ですね。

とりあえず基本的な考えとして、去年外れるまでの
「的中率100%だった法則」を書いておきます。
個人的には6年連続で的中させていましたが・・・。

強い馬が勝つ、まぎれのない東京2400mで行われるという事で、
やはり「1番人気馬」が信頼できます。
なぜなら、ここに出走してくる馬というのは2歳の新馬戦にはじまり、
皐月賞、ダービートライアルとすべてダービーを目標にしてきているので、
そのレースぶりや力関係を見ての「1番人気」なので。

まぎれというと、やはり去年のウオッカでしょう。
といっても、ウオッカ自体の能力は牡馬まさりな感じだったし、
桜花賞で勝ったダイワスカーレットは、皐月賞で1番人気になったアドマイヤオーラよりも強いというのと、3歳牝馬のレベルが高く、皐月賞のレベルが低いなどがありましたが、やはり牝馬でダービーまでに対戦した事がないという事で、3番人気に甘んじてました。
なので、去年みたいな「64年ぶり」みたいな出来事があると、「過去18年の法則」なんか通用しなくなってしまいます(笑)。

とりあえず去年を例外としての「法則」を書いていきます。

ただやみくもに「1番人気馬」を信頼すればいいのかというとそうではなく、
ひとつの目安として、

◎皐月賞3着以内
◎前走トライアル勝ち

これをクリアしている馬は100%連対しています。

この条件をクリアしてなかったのは過去2頭、
ウイニングチケット
メジロブライト
共に皐月賞4着でした。

しかし、ウイニングチケットはダービー勝ち、メジロブライトは3着。
この結果の違いを調べてみると、
ウイニングチケットは、皐月賞まで4戦4勝。
メジロブライトは、皐月賞の前のスプリングSでも2着に負けていて、
信頼性の薄い押し出された1番人気だったというのが分かります。

○皐月賞で3着以下に負けてる場合は、前走重賞勝ち


今年は、アドマイヤコマンド、ディープスカイ、マイネルチャールズあたりが1番人気候補になりますが、はたしてどの馬が1番人気になるのか注目です。

1番人気で堅いのか、今年もサクセスブロッケンみたいな「未対決の別路線組」の馬が勝つのか、たいへん興味深いレースになりそうです。

次回は、「連対馬の条件」を書きたいと思います!


よかったらクリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ






あなたの携帯電話が最新競馬予想機に変貌を遂げる ウマコンonline


★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月26日

(月曜日)

いよいよダービー!!

ダービーウィークがやってきました!
やっぱりワクワクしますね~(^^)。

ダービーは俺にとってある意味ボーナスだと思っていて、
毎年10万円の勝負をして確実に儲けていました・・・、去年までは。
そうです、去年はウオッカが牝馬で64年ぶりに勝つという結果だった為、
「法則」で買いはじめてから初めてダービーで負けてしまいました。
皐月賞・春天で儲けてたからよかったものの、痛い目にあいましたね。
今年は「法則」が通用するのかどうか試金石のレースです。

ダービーを攻略するためのポイントは、
やはり強い馬が勝つ、紛れのない東京2400mで行われるレースだという事。
これはジャパンCにもいえる事だけど、ジャパンCの場合、古馬と3歳馬の初対決、
外国馬の参戦など多少の不確定要素がありますが、ダービーは同じ3歳馬(基本的に牡馬)ばかりのレースという事で、予想は簡単です。

今年は混戦なので、堅いレースよりも予想するのはおもしろいですね~。
それでは、ダービーウィークを楽しみましょう(^^)。

クリックよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


競馬予想の新スタイル!馬三郎




★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

 相互リンク募集中! 

 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 
 競馬利殖ソフト 
 JRA 今週の重賞 

 プロフィール 

セイン♂

Author:セイン♂
競馬歴は10年くらいです。
一緒に「勝ち組」を目指しましょう!
好きな馬は、
サイレンススズカ、エアグルーヴ。
音楽(ロック)が好きなので、
「音楽ブログ」もやってます。
広島カープのファンです。

 ワンコイン競馬予想 
 クリックお願いします 

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 ブログランキング 
 FC2カウンター 

 インターネット新聞 
 無料資料請求 
 競馬予想サイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。