「ダービーの法則」

競馬で毎月20万儲けている「競馬の法則」を教えます!一緒に春のG1で勝ち組になりましょう!おすすめの競馬商材の紹介などもやっていきます。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

04月29日

(火曜日)

過去18年・的中率100%「天皇賞(春)の法則」

今週はいよいよ春天ですね(^^)。
最近は荒れるようになったレースですが、
この的中率100%の「法則」なら的中間違いないでしょう(笑)。

まず、この春天が荒れるか荒れないかは
1番人気が信頼出来るかどうかというのがポイントになります。

そこで、1番人気の信頼性をチェックする方法を教えます。

過去18年で、連対を果たした1番人気は10頭います。

①前年、古馬G1(ジャパンCか有馬記念)で1番人気になっている

これにあてはまる馬は過去7頭いますが、すべて連対しています。
G1で1番人気になるという事は、すでに実績があり、その実力が認められているという事で、年明け最初の古馬G1となる春天では、能力を維持していると考えられるので。
(ただし、3歳限定のクラシックで1番人気になっただけでは、その世代のレベルが分からず、古馬相手にどうかというのがあるので、これにはあてはまりません)

②前年、G1勝ちの実績

①の馬以外に、これに当てはまるのは、5頭いますが、そのうち3頭が連対。

前年春天勝ちで実績のあるメジロマックイーン(連対してます)以外は、
明け4歳馬でした。

4頭の臨戦パターンを分析してみると、

              (G1勝ち)        (前走)       (結果)
○メジロマックイーン  菊花賞         阪神大賞典1着   1着
○トウカイテイオー   皐月賞、ダービー   大阪杯1着      5着
○シルクジャスティス  有馬記念       阪神大賞典2着   4着
○テイエムオペラオー 皐月賞(菊花賞2着) 阪神大賞典1着   1着

前走、阪神大賞典を勝った2頭は春天でも勝ってます。
この事から、京都の3200mで勝つというのは、やはり長距離適正が必要とされるので、ダービー後、骨折休養していて復帰戦の大阪杯(2000m)を勝ったトウカイテイオーや、2着に敗れたシルクジャスティス(菊花賞も5着と負けていた)は距離適正に不安があったといえるでしょう。
(トウカイテイオーはレース中に骨折していたので、その影響もあったと思われますが)

○明け4歳馬は、前走、阪神大賞典勝ち

①②の項目をクリアしていた10頭が連対出来る1番人気となり、
①②をまるっきりクリアしてなかった6頭は3着以下に敗れてます。


当然、レベルがおちて1番人気の信頼性がない近年の春天は、
荒れる傾向になってますね。

この方法で、1番人気馬の信頼性のチェックは、ある程度出来るんじゃないかと思います。それでは次回、連対する馬の「法則」を書きたいと思います。


参考になったなと思った人がいれば、クリックよろしくお願いします(^^)。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


よかったらこちらも参考にしてください!
 ↓ ↓ ↓
競馬分析予想




スポンサーサイト

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月27日

(日曜日)

レッドアゲート樫へ弾み!(フローラSの結果)

スローペースになりましたが、好位から進めたレッドアゲートが完勝しました。

注目していたもう一頭のシングライクバードは後方から届きませんでしたが、
オークスもスローペースになるのは間違いないので、自在性は必要でしょうね。

勝ったレッドアゲートはオークスでも好勝負できるんじゃないでしょうか。
有力な一頭ですね。
2着のカレイジャスミンは権利を獲ったというだけで、本番では厳しそうです。。


香港G1に挑戦したマツリダゴッホは6着に破れましたが、
あの馬は中山でしか走らんからしょうがないですね(笑)。


さて今週は、天皇賞(春)です!
「的中率100%の法則」を披露するので、参考にはなると思いますので
また見に来てください(^^)。


G1に関しては「法則」で勝ってますが、
それ以外のレースでは、こちらを参考にしてコツコツと儲けてます!
興味がある人は、よかったらみなさんも利用してみてください!
  
   ↓ ↓ ↓





にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月26日

(土曜日)

オークス馬はこの中から!「フローラS」の見所

オークストライアルのフローラSが行われますが、
このレースは見所がたくさんあるので、注目しています!

まずメンバーを見渡したところ、けっこうレベルが高いんじやないかと思います。
今年の桜花賞がレベル的にはどうか?というのがあるので、
内容次第では、この中からオークス馬が出る可能性は充分あります。

とくにフラワーC組の2頭、
シングライクバードとレッドアゲート。

脚質的に、広い東京向きなので、
ここでどういった脚を見せてくれるのかという期待があります。
どっちかが勝つんじゃないかと思いますが。

そして話題のユキチャン。
白毛馬で重賞初挑戦ですが、なかなかの能力の持ち主。
ここで権利を取るようならオークスが盛り上がるでしょうね~(^^)。

カイゼリンは、母があのブロードアピール。
こちらは2000mで2勝していているので、この馬も楽しみです。

あとアグネスフライトとタニノギムレットの子供も
なかなか魅力がありそうで楽しみなレースです!


俺の場合、基本的に勝負は「法則」で儲けているG1なので、
トライアルレースはじっくりレースを見て、能力分析をしています。


あとは、こちらを参考にしてコツコツと稼いでます(^^)。
リーズブルなのでおススメです!

   ↓   ↓   ↓
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 【たった38円で連対馬3頭を全て1分で見つける方法】を
 あなたにお教えいたします。
競馬分析予想

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月24日

(木曜日)

「競馬商材で本当に稼ぐ事はできるのか?」

「競馬商材で本当に稼ぐ事はできるのか?」


答えは・・・


YES でもあり NO でもあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

稼げるって書いてあるのに
稼げない・・・

でも
販売者は稼げてるって言ってる・・・

実践する人によって差がでてしまう。。。
(というか全く結果が出ない・・・)

なぜでしょう?

それはマニュアル販売者と購入者の間で


実践の仕方を統一していないからです!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実践の仕方とは

・そのマニュアルが実践できる状況

・レース選択までの流れ

・買い目を出すまでのプロセス

・投資開始から投資止め時


この4つが明確化されていて具体性があり、
実行可能であれば販売者の出している結果と
あなたが実践した結果が間違いなく一致します。

しかしほとんどの販売者が統一をしていない現実があります。

では、どうして実践の仕方を統一しないのか???



考えられる事は

・実践の仕方を統一することによって結果が伴わなくなる。

・結果が一緒になると販売作成者が困る。

・そもそも統一することすらできない。

などなど色々とありそうですね。



つづきをお話ししますね

あなたが、今まで競馬商材で稼ぐことができなかった理由は


    実践の仕方の不一致
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


が原因です!!(あなたのせいではないと思いますが・・・)

なので現在持っている商材の販売者さんに
4つの項目について質問することをお勧めします。


そうすれば稼げるようになるはずです・・・

返答があるかは販売者さんによるとは思いますが。



返答がありすべてが明確になっても
販売者さんの結果と一致しない場合は残念ですが
あきらめてください。。。


これからはその基準で商材を選ばれることお勧めします。


下にある商材は、リーズブルで、おススメです!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ついに本物の競馬で稼ぐ商材がでました。
 最近流行の競馬情報とはまったく別物です。
 【たった38円で連対馬3頭が全て分かってしまう】
 というものです!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

興味がある人は詳細を確かめてみてください(^^)。

  ↓   ↓   ↓
  競馬分析予想





にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:競馬情報商材 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月22日

(火曜日)

残念!キャプテントゥーレ骨折で年内絶望&ダイワスカーレット春全休

いや~、残念なニュースです・・・。
皐月賞を勝ったキャプテントゥーレが骨折で、年内絶望との事。

皐月賞、個人的な見方をすれば、展開に恵まれたとはいえ強い内容の競馬でした。
もしあの結果をフロック視するようなら、ダービーもサニーブライアンのように逃げ切って
2冠を達成する確率は高いと思ってました。
それだけに、ひとつの楽しみがなくなってしまいました。
マイネルチャールズの巻き返しもありえるとは思いますが、
これで皐月賞組の中では、ダービーの本命は決まりました。
まあレースの中身を見れば分かる通り、レ●●●●●●●スです(笑)。

今年は、かなりレベルが低いような気がするので、あとはトライアルからおもしろそうな馬がたくさん出て来て、ダービーを盛り上げてほしいところです。

そして、ダイワスカーレットも脚部不安で、春シーズン全休との事。
この馬も大阪杯を完勝したばかりで、牝馬ながら実質、古馬中距離NO.1の馬と思ってるので。
ヴィクトリアマイルは勝って当然で、宝塚記念も勝つと思っていただけに、こちらも残念です。
やはり強いがたくさんいて、ハイレベルな勝負がたくさん見れる方が競馬はおもしろいですからね。
秋はぜひ天皇賞(秋)を目指して欲しいですね、牝馬限定戦になんて出さないで。

とりあえず次回は、春天を楽しみましょう(^^)。

よかったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 競馬ブログへ


競馬分析予想



★テーマ:競馬コラム - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月22日

(火曜日)

「皐月賞の法則」~結果論~

「皐月賞の法則」を読んで参考にしてくれたみなさん、すみませんでした(^^;)。
結果的に言えば、マイネルチャールズの連対は堅いという「法則」は外れてしまいました。

とは言っても個人的には、ハナ差で負けるのは仕方ないと思ってます。
クビ差くらいなら、決定的な差だと思うけど・・・。去年はハナ差で儲けたわけだし(笑)。
馬券的には、3連複が当たったのでよかったんだけど、まさか連対を外すと思ってなかったので、
勝負馬券は馬連にしてました・・・。

勝ったキャプテントゥーレは川田の騎乗が見事だったというほかないですね。
「皐月賞の法則」~最終予想~で書いた通り、出走メンバーを見渡した中で、
1番皐月賞向きの脚質だったし、血統もベストだったのでこわいなと思い「注」にしました。

キャプテントゥーレがクリアしてなかった「法則」の連対条件として、
○近3走で、1800m以上のレースで連対
○弥生賞3着以内

としてましたが、これはあくまで目安と思ってもらえれば(^^;)。
ただ、過去の全馬が当てはまってるというだけで、いつまでもその通りになるとは思ってないし。
やはり大事なのは、「競馬を見る目」と「レースの本質をとらえる事」ですね(^^)。

「1800m以上のレース連対」だけで「近3走」というのはいらなかったですね~、
それと同じコースなので「朝日FS3着以内」というのを付け加えてもいいし。

なんせ言えるのは「1番、皐月賞向きの馬を買う!」という事です(笑)。

皐月賞の予想はこちら

連対を外したマイネルチャールズですが、さすがという勝負根性は見せてくれました。
ダービーでも好勝負出来るんじゃないでしょうか。

2着のタケミカヅチは、典型的な皐月賞で穴をあける馬の乗り方でしたね。
ノーリーズン、ドリームパスポートもあんな感じで内から抜け出してたんじゃないかな、
柴田善臣騎手を甘く見てました(笑)。

▲にしてた2頭は、明らかに過剰人気で危険な人気馬でした。
本質的には、2頭共にNHKマイルC向きでしょうね。

相手本線にしてたスマイルジャックは、オッズ的な後押しがなく、
(個人的にはショウナンアルバと同じくらいと思ってたので)
キャプテントゥーレは、成績だけならもっと人気がなかってもいいと思いましたが、
やはり馬券のプロとか競馬で儲けてる人が買ってるので、オッズに現れてましたね。
以上、すべて結果論でした(笑)。


この皐月賞の結果を見て、ダービーも大体見えてきました。
俺的には、ダービーでも勝負になりそうな馬は、この中で3頭いましたね。
あとは別路線組との力関係を見るだけです。

それでは、あてになるかならないか分かりませんが、
「ダービーの法則」もまた見てください、よろしくお願いします!まだまだ先ですが(笑)。

少しでも参考になったなと思ったら、クリックお願いします(^^)↓
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ついに本物の競馬で稼ぐ商材がでました。
 最近流行の競馬情報とはまったく別物です。
 【たった38円で連対馬3頭が全て分かってしまう】
 というものです! 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   ↓   ↓   ↓

    競馬分析予想


★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月21日

(月曜日)

皐月賞はキャプテントゥーレ&広島カープ連勝

皐月賞はキャプテントゥーレが見事な逃げ切り勝ちでしたね。
ノットアローンが逃げるかな~と思ってたし、ショウナンアルバも逃げないまでも先行するだろうと思ってたので、川田騎手の好判断でした。
キャプテントゥーレは予想の印を「注」にしてたんだけど、メンバーを見渡した中で、脚質が皐月賞に1番向いてたし、トニービン×アグネスタキオンというのもやはり1番皐月賞向きだったので。

「皐月賞の法則」~結果論~は、時間がある時にゆっくり書きますので、またお越しください(^^)。


話は変わりますが、プロ野球。
広島対巨人戦で見せた、天谷選手のファインプレー、あれは凄かったです!
あのプレーで完全に流れが変わりましたからね~。お立ち台でもよかったと思うけどな。
カープもそろそろ流れに乗って行って欲しいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


競馬分析予想








★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月20日

(日曜日)

「皐月賞の法則」~最終予想~

前日のオッズで大体の人気が分かりましたね。

1番人気はマイネルチャールズで決まりでしょうが、昨日も書いたとおり、連対はほぼ確実だと思います。雨で重馬場とかにならないないかぎり。

問題はやはり相手になりますが、まず2番人気のブラックシェル、
追い込みタイプという事で、これは危険な人気馬といえそうです。
去年、乗り代わりという「事件」があったとおり(実際、去年だけではないけど)、このタイプに武豊が乗るとまず人気でコケるという(ディープくらいの馬は別ですが)、馬券を買うほうにすればおいしいパターンなんだけど、今年は完全には消せないですね。
この馬にしては前走、中団からと前目の競馬をしたのと、武豊もいつものトライアルよりは意識的にか前で競馬をしてました。
おそらく本番でも松田調教師が位置取りの指示を出してると思うので、
いつもみたいに後から行って、届かずという乗り方はしないはずです。

次にショウナンアルバとスマイルジャックのどちらを上位に見るか・・・・。
確かにショウナンアルバは能力が高そうですが、スピードタイプなのでマイルあたりがベストなんじゃないかと。まあ上手く乗れればという感じ。

スマイルジャックは内枠のインをすんなり先行出来るとおもしろいんじゃないかと。
タニノギムレット×サンデーサイレンスという配合もいいと思います。今週も小牧太に期待!

あと「法則」にひっかかってたのは、
タケミカヅチ、ダンツウィニング、ノットアローン、フローテーション。

タケミカヅチは弥生賞で先行して3着。それまで追い込み一辺倒だったので
その点は買えますが、マイネルチャールズが堅いとなれば、相手は単純に別路線組かなと。
クラシックで柴田善臣さんというのもあんまりピンとこないし・・・。

ダンツウィニングは、どうなんでしょう?京成杯で中山2000mを経験して、
先行してそう差のない競馬をしたということくらいですかね。

ノットアローンは若葉Sを逃げて勝ったのと、2000mで2勝してるのがいいですね。
アグネスタキオン産駒というのもよさそう。

フローテーションは追い込み馬ですが、前走前残りのところを2着に入ったというのは
評価出来ますが、この枠では後方から外を回ってという競馬になりそうなのでどうでしょう?
リアルシャダイ×スペシャルウィークなので、ダービー向きのような感じ。

あともう一頭、気になるのはキャプテントゥーレです。
「法則」にはかろうじてひっかかってないものの、脚質的にはぴったりです。
トニービン×アグネスタキオンというのもいいし。距離的にはどうなんでしょう?

とりあえず印をつけるとすると、

◎マイネルチャールズ
○スマイルジャック
▲ブラックシェル、ショウナンアルバ
△タケミカヅチ
 ノットアローン
 ダンツウィニング
 フローテーション
注キャプテントゥーレ

▲2頭は印としてはこうしましたが、実際に消しにしたいところだけど、
とりあえず馬券的には押さえ程度です。

あてになるかどうか分かりませんが、俺の予想はこんな感じです(笑)。
それではみなさん、皐月賞はお互いがんばりましょう!

↓参考になったなと思ったら、クリックよろしくお願いします(^^)↓
   ↓↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


俺のおすすめです(^^)↓

競馬分析予想

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月18日

(金曜日)

「皐月賞の法則」~人気薄で劇走する馬~

皐月賞の枠順が決まってますが、予想をする前に、昨日のおさらいとして、
過去のレースを例に「法則」の検証をしてみたいと思います。
そうした方が「お~、なるほど」と納得してもらえると思うので(笑)。

最近のレースから順にいきます。

去年、1番人気はアドマイヤオーラでしたが、法則・1をクリアしてませんでした。
2番人気のフサイチホウオーも共同通信杯から直行だったので、消し。
こうなると荒れる気配がプンプンで、俺が本命にしたのは、
個人的に注目していたヴィクトリーでした。
新馬戦を圧勝、2戦目で(昔風に)たんぱ杯2着、若葉Sは1番人気で逃げ切り勝ち。

自信はなかったけど、とりあえず「法則」に当てはまる馬に流したら、
15番人気のサンツェッペリンがハナ差ながら、2着に来たという訳です。
あれ、ハナ差で負けてたら当分悔しくて落ち込んでたでしょうね~(笑)。

そのサンツェッペリンは、ホープフルS2着、京成杯1着と「中山2000のマイスター」でしたが、
前走、適性のない1800m(スプリングS)で負けたため、人気を落としていました。

一昨年は、アドマイヤムーンが6戦5勝とほぼ完璧な成績でしたが、
10頭立ての弥生賞で4角8番手からの追い込み勝ちと不安要素がありました。
この時は、フサイチリシャールから買って外してしまいましたが、
勝ったメイショウサムソンは後になって馬柱を見ると、皐月賞では理想的な脚質でした。
2着のドリームパスポートは、2番人気のスプリングSで、4角10番手から3着でしたが、
連対2頭は先行馬なので、たまたま流れが向いたというんじゃないので、
自在性や人気落ちを考えれば買い目にいれなければいけない馬でした。

05年は、ディープインパクトで鉄板のレースでしたが、
2着は12番人気のシックスセンスで、馬連5830がつきました。
シックスセンスは典型的な穴パターンの馬で、京成杯で2着という「実績」がありました。
前走の若葉Sは2番人気ながら出遅れで、4角12番手からの4着に終わってしまいました。

ドリームパスポートやシックスセンスのように人気になりながら、負けてしまったために
本番の皐月賞で人気を落とすというような馬は狙い目になりますね。
前走4角の通過順が2ケタだったのも、この2頭だけなので
単純に位置取りだけじゃなく、その中身を見極める必要があります。

04年は、コスモバルクが連対出来る1番人気だったので、相手探しでしたが、
勝ったのは、10番人気のダイワメジャーでした。
スプリングSでは、追い込んだ2頭が連対するという流れの中、
2番手で先行して3着に粘るという、1番強い内容の競馬をしました。

03年は堅かったので、大荒れの02年。
15番人気で勝ったノーリーズンは、デビューから2連勝の後、前走若葉Sで2番人気ながら、4角の不利があり7着に負けた為、皐月賞では人気を落としてました。
そして7番人気で2着のタイガーカフェは、生粋の先行馬で、
弥生賞3着、ホープフルS勝ちとこれも「中山2000マイスター」でした。

最後に99年、6番人気で2着のオースミブライト、
スプリングSで2番人気ながら、体調不良や不良馬場の影響で7着に負けてましたが、
前々走の京成杯で先行して1着という実績でした。

自分で調べてもらえば、ここに挙げた馬以外の、過去の連対馬すべてに
「法則」が当てはまってるという事がよく分かると思います(^^)。


今年の皐月賞を考えた場合、1番人気であろうマイネルチャールズは
完璧な「中山2000マイスター」ということもあり、圧倒的な力差は感じませんが、
マイネル軍団の先輩コスモバルクと同じように勝たないまでも、連対は堅そうです。

これといった穴馬もいないので、有力馬の能力をよく見極める必要がありますね。
ここからの予想が、本当の戦いの始まりです(笑)。
またアテにはならないと思いますが、各馬について個人的見解も書きたいと思います。
それではレースまで、たっぷりと楽しみましょう!

↓参考になったなと思ったら、クリックお願いします↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ







★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月18日

(金曜日)

「皐月賞~連対馬の法則~」

いよいよ今日は、皐月賞で連対出来る馬の見分け方を書いていきます!

まず、トライアル組とトライアル以外で分けて考えます。

◎トライアル組

 ○弥生賞・スプリングS  2番人気以内か3着以内
 ○若葉S  2番人気以内か連対
※2番人気以内でも、2ケタ着順と大負けしてるような馬は消し

  (上の条件を満たしてない場合は)
 ○中山2000m連対実績が必要
  とくに、オープン以上のホープフルS、京成杯を先行して連対してる馬

◎トライアル以外なら、次の2つのことをクリアしている必要があります。

 1.前走、中山か阪神のレースに出走して1着
   やはり東京・京都開催からだと間隔があきすぎるし、コースの特性が違うので
 2.初勝利を挙げてから、100%連対している馬
   (とくに重賞勝ちを含む3連勝の馬がいれば本命級)
   世代トップを争うG1に出走するので、底を見せてない馬しか通用しないので


さらにトライアル・非トライアル共通の重要な条件として、

◎近3走で、1800m以上のレースで連対している
  タフなレースなので、マイラーでは苦しく、距離適正が必要。

◎前走、4角9番手以内(一ケタ通過順)
  ※ただし、これは絶対という訳じゃなく、ひとつの目安としてです。
  やはり直線一気の追い込みタイプの馬では、中山2000mは苦しい、
  追い込み・差しタイプの馬ならある程度の自在性が必要。


以上の事を、すべてクリアしている馬が過去の連対馬にあてはまってます!


過去のレースの馬柱で、チェックしてもらえればよく分かると思いますが、
次回、人気薄で好走した馬や人気を裏切った馬のパターンの説明と、
今年の皐月賞の個人的な見解について書きたいと思います(^^)。

それでは、お付き合いありがとうございました。

↓参考になったなと思ったら、クリックよろしくお願いします(^^)↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ





★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月16日

(水曜日)

「皐月賞の法則」~過去18年・的中率100%の法則~

桜花賞はまいりましたね。
俺の経験の中で、G1で1番人気と2番人気の2頭が、
同じオッズ(3.8倍)で並ぶなんてことはなかったです。
過去18年の「完璧な法則」でも、それ以外の予想もしないことが
おこった場合は、まあ仕方ないとあきらめるしかないですね。

皐月賞もとりあえず、「過去18年・的中率100%の法則」がありますが、
とんでもない事がおこらない限りは的中するでしょう(笑)。

皐月賞は強い馬が勝つとは限らないレースなので、「皐月賞の法則」というは、
いかに「中山2000m」に適した馬を見つけるか、という事になります。

それでは、皐月賞も桜花賞と同じく、まず1番人気の信頼性からチェックします。

◎以下の2つの条件をクリアしている馬は、100%連対してます。

1.前走トライアル勝ちを含む、3連勝以上
  (万が一、トライアルで負けている場合は、重賞勝ちを含む3連勝の実績)

2.先行脚質
  簡単にそれを見極める方法として、次の事を見てみます。
  「近3走、レース中の位置取りに、2ケタ通過順がない」
  「前走、4角5番手以内」


以上、たったこれだけの事をチェックするだけで、1番人気が連対するかどうかが分かるので、
みなさんも自分で検証してもらえれば、この「法則」の凄さが分かると思います!

過去、この条件をクリアせず、1番人気を裏切った8頭。
アドマイヤオーラ、アドマイヤムーン、タニノギムレット、アドマイヤベガ
スペシャルウィーク、メジロブライト、ダイタクテイオー、ウイニングチケット

それでは、次回は「連対馬の条件」を書いてみます。
それで連対出来る馬、穴馬も浮かび上がってくるので、過去の人気薄で連対した馬が
なぜ走ったかというのがすべて分かります(^^)。

参考になったなと思えば、クリックお願いします↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ








★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月14日

(月曜日)

「桜花賞の法則」~結果論~

オッズ的に荒れそうな感じはしてましたが、あれほどとはな~(笑)。

それにしてもトールポピーの池添はヘタな乗り方しましたね。
リトルアマポーラはオークス向きだと思ってたので、桜花賞に関しては評価を下げてたんだけど、これでオークスの本命に決まりかな?

結局、レース直前まで1番人気が決まらず、どっちにしても信頼性という点で
疑問が残るので、馬券を買うのは見送りました。
BOXで買おうかとも思いましたが、今年は「法則」をクリアしている馬が多いのでやめました。
4~5頭なら買ってましたが、買ってたとしても結局レジネッターソーマジックは1着3着ではずれでした。

初めて「法則」が敗れましたが、あそこまで大荒れだと仕方ないのかな。
例えば、他のいろんな人の予想でも同じなんじゃないでしょうか?
「2着の馬は買えんよな~」、そんなことを思いながら、エフティマイアの馬柱を見ていると、
とんでもない事に気がつきました。

「桜花賞の法則」の別路線組からの連対条件に
「前走重賞勝ちで、阪神マイル経験か中山マイル勝ちを含む3連勝以上の馬」
という条件がありますが、
この馬、新馬~新潟2歳Sと3連勝を記録して、阪神マイル経験もありました。

3連勝後は、京王杯、阪神JFとレベルの高いレースで惨敗してますが、
その後、フェアリーS5着、菜の花賞では勝ち馬より2キロ重い斤量で6着、クイーンCでは、勝ったリトルアマポーラより1キロ重く斤量で6着と、内容的にそれほど負けてない事が分かります。

最近の着順だけを見て軽視してしまいましたが、3連勝を先にしてるか、
後にしてるかの違いだけで、「前走」というくくりはいらないんじゃないかと。
ようは、3連勝をするにはそれだけの実力があるという事。

すると、この馬も「法則」をクリアする馬として浮上してくる事になり、
実質1番人気のいなかった今年の桜花賞、「法則」をクリアした馬のBOX買いをしてれば、
あの大万馬券もゲットしていた事になります。
結果論だけど、3連単で買ってたら700万もとってたかもな~(笑)。

おさらいとして「法則」をクリア(厳密に)していた馬は、
エイムアットビップ
トールポピー
エアパスカル
ソーマジック
レジネッタ
エフティマイア

そう考えると「この法則」ってかなり凄いんじゃないでしょうか??どう思います?
たとえば、このレースを的中させた他の人の予想ってどんなんでしょう??

と、こんな感じで次回「皐月賞の法則」を披露しますので、期待しててください(笑)。

参考になったと思うかたは、クリックお願いします(^^)。
   ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ






★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月12日

(土曜日)

桜花賞の法則~個人的見解と予想~

桜花賞の前日オッズが分かったので、昨日書いた「法則」を使って、
個人的に予想をしてみます。

まず単勝オッズは、
トールポピー 4.0倍、
リトルアマポーラ 4.6倍、
オディール 4.8倍、
微妙なオッズですね(笑)。

かろうじてトールポピーですが、レースまでにどうなるか分かりません。
一応、トールポピーを本命としますが、単勝オッズが4倍を超える
1番人気馬となれば、なんか信用しにくいですね(^^;)。

次に相手探しですが、
「法則」通りなら、2・3番人気のリトルアマポーラとオディールは消しとなり、
中穴ゲットという感じになります。・・・が、実際そうは簡単に行きそうにありません。

リトルアマポーラは、前走クイーンCでしたが、新馬・500万下と阪神1600mを連勝した関西馬なので、これは買い目にいれておかなければいけないかもな~。クイーンCを勝っただけで、阪神経験のない関東馬なら、簡単に消しなんだけど。もし1番人気ならこの馬が軸になるかなあ??

オディールの前走は「4角11番手」でしたが、これは出遅れがあってのものなので、この馬も完全に消しには出来ません。というか能力的には、対抗でしょう。

フィリーズレヴューは上位3頭が追い込み馬という事で、ほとんど無視していいレースでしたが、レジネッタは穴として押さえが必要かも。エイムアップビットは典型的な穴パターンでおもしろいです。

アネモネS組も基本的には、毎年いらないんだけど、ソーマジックは芝で負けなしなので、
押さえが必要。同じく芝で連対を外してないエアパスカルも。

あと狙いとしておもしろいのは、ブラックエンブレム。
中山マイル・フラワーC連勝と最近、連対の多いパターンだし、
早め栗東入りの関東馬。このパターンもブルーリッジリバーと同じです。

ポルトフィーノの出走取り消しは残念です・・・、エアグルーヴは好きな馬なので・・・。
武豊がハナをきれば、競りに行くジョッキーはいないので、有力かなと思ってましたが。

一応、個人的見解としては、こんな感じですが、
レース直前、オッズが確定するまで、はっきり断言する事は出来ませんね。
最悪、BOX買いとか、馬券購入見送りとかになるかも(笑)。

それでは、みなさん頑張りましょう!
ついでにクリックお願いします(^^)
↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ





競馬予想 <屋台村>

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月12日

(土曜日)

桜花賞~過去18年「的中率100%の法則」~

桜花賞の枠順も決まったことだし、<過去18年・的中率100%>の
「桜花賞の法則」を書いていきたいと思います。

過去18年とは中途半端なんですが、新聞とかでは、過去10年のデータなんかが載ってるのでそりよりも詳しくして、あまり昔すぎても参考にならないので、1990年以降という事にしたら、18年になりました(^^)。

え~と、何から書きましょう・・・。
とりあえず1番人気の信頼性の見極め方から書いていきます。


○1番人気で連対を外したのは、過去9頭、その敗因の内訳を書いてみます。

・阪神1600m経験なしー6頭(アドマイヤグルーヴ、シャイニンルビー、サイコーキララ、
                   リトルオードリー、ライデンリーダー、イソノルーブル)

 その条件で走ったことがないので、実際に走るのかどうか分からないという事でしょう。

・休み明けー2頭 スティンガー(阪神JF1着以来)
           ロープモンタント(エルフィンS以来、約2カ月ぶり)

 やはり、まだ若い馬なので、本番前にひと叩きは欲しいところ。

・ダンツシリウスー11戦して連対率50%以下、

 こういう馬が1番人気になったのは、過去にこの馬だけ。


◎逆に言えば、上記の条件をクリアしている、1番人気馬は信頼出来るという事です
 
 (ただし、ダンスインザムードは阪神マイル未経験でした。
 似たようなコース形態の、中山マイル勝ちがあるので、このことから
 「前走、フラワーC勝ちで、中山マイル勝ちのある3連勝以上馬」はオッケーという事に)

実際、勝ち馬は阪神1600mの経験があるか、中山1600m勝ちがあります。


◎過去、全馬共通の連対条件。

○トライアル出走馬
 ・チューリップ賞、フィリーズレヴュー(5番人気以内で、4着以内)
 ・アネモネS(4番人気以内で、連対)
 ・トライアル1番人気(能力がありながら、何かの理由で凡走した可能性)

○トライアル以外からの別路線組
 ・前走重賞(フラワーC)勝ちと、阪神マイル経験か中山マイル勝ちを含む、3連勝以上馬
 ・阪神JF3着以内の実績がある馬
 ・ムーンライトタンゴは、前走500万条件ながら、男馬相手に阪神1600mを1’34’4の
  好タイム勝ち、チューリップ賞が1’35’3だったので、1秒近く速いタイムで走ってた。

さらに、以上の条件をクリアした馬の「前走」をチェックします。

○前走、「4角10番手以内」
 阪神コースの特殊な形態から、追い込み脚質の馬は連対が難しいと思われるので。
 
これだけでかなり絞れると思いますが、実際に、この条件をクリアした馬しか連対してません!


正直、阪神コースの改修は、個人的には残念でした・・・。
この「法則」でかなり儲けてたので(^^;)。
コースが変わって、直線が長くなったので、傾向がかわる可能性があります。
今まではクイーンC組はいらなかったし、前走「4角10番手以内」というのも通用しないかも。


例として、分かりやすく過去のレースで検証してみます。
ここ3年は、本命ー対抗で決まってるので、2004年のレース。

1番人気はダンスインザムードで堅いので、この馬が軸になります。

相手探しで、人気順にチェックしていくと、
スイープトウショウ 前走、4角14番手から追い込んで1着 ×
ムーヴオブサンデー 1200m連勝後、前走フィリーズレビュー勝ちの3連勝、
             距離適正に不安があり △
ヤマニンシュクル 前走、4角11番手から追い込んで3着 ×
ダイワエルシエーロ 前走、クイーンCで4角11番手から1着 ×
マルターズヒート 前走、4角14番手から追い込んで2着 ×
そして7番人気のアズマサンダース 前走チューリップ賞、3番人気で2着 ○

結果は、ダンスインザムードーアズマサンダースで決まり、馬連3540円でした。


もう一つ、2002年、大荒れとなり「法則」の威力が発揮されたレースです。

まず一番人気がクイーンCを勝ったシャイニンルビーで荒れる気配がプンプン。
阪神JF2着で、前走アネモネS1番人気ながら8着惨敗で、
13番人気に低迷したアローキャリー。
フィリーズレヴュー3番人気で4着、7番人気のブルーリッジリバー。
結果、この2頭で決まり、馬連34440円の大万馬券となりました。

こういう「おいしいレース」、またないかな~(笑)。


とまあ、「桜花賞の法則」とはこういった感じです。

これを今年の出走メンバーに当てはめて、予想していけば今年も的中するんじゃないかと思います。

長々と書きましたが、参考になったと思われたら、クリックお願いします(^^)。
↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ









★テーマ:桜花賞の自信の予想! - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月09日

(水曜日)

「競馬の法則」とは?

当ブログにお越しいただきありがとうございます(^^)。

なぜこのブログの名前が「ダービーの法則」というのか?
「競馬の法則」とは、どういうものなのかというのを簡単に説明します。

そもそものきっかけは、ダービーでした。
スペシャルウィーク、ジャングルポケット、タニノギムレット・・・、
この3頭は、皐月賞で豪脚を使いながらも、3着に破れました。
しかし3頭共、ダービーではその末脚を武器に、見事ダービー馬に輝きました。

なぜ皐月賞で勝てなかった馬がダービーで勝ったのか、というのを調べているうちに、各G1には、そのG1の特性があり、それに合った馬しか勝てない(連対)というのが分かり、次のような結論に至りました。
「G1には紛れがない」

なぜ紛れがないのかというと、いくつかのステップレースを走って、そのレースを目標にした馬達が、同じ斤量で走るので紛れが生じにくいからです。
G2やG3だと、実績によって斤量はバラバラ、そのレースに目イチで勝負に来た馬がいれば、目標は後のレースでたたき台として使って来た馬などさまざまだし。。

たしかに配当的には、大万馬券とか、大荒れになったレースはたくさんあります。
しかしそれは、そのレースの特性に気づいていれば、俺から見れば必然の結果ともいえます。なぜ人気になった馬が負けて、人気のなかった馬がなぜ走ったかというのは、一目瞭然です。

この辺の詳しい事は、「有馬記念の法則」で書いてるので、よかったら参考にしてください。そういう訳で、このブログをスタートさせたいと思います、みなさんの参考になればと思いますのでよろしくお願いします(^^)。


的中率100%「皐月賞の法則」

的中率100%「桜花賞の法則」

にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:競馬コラム - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月08日

(火曜日)

広島カープはやっと開幕&競馬はクラシックシーズン到来

桜もほぼ満開で、お花見には最適な週末となりましたね(^^)。

とうとうプロ野球が開幕しましたね~。
我が広島カープは、去年エースと4番が抜けるという状況になりましたが、
逆に新しいメンバーが出てきて、期待してました。

・・・が、開幕してみると、案の定というか、
弱点の抑えと守備の不安が露呈して4連敗・・・。

しかーし、一昨日はサヨナラ勝ち、昨日は打線が爆発して、17対3と快勝、
カープファンにとっては、ようやく開幕したなという感じです(^^)。

そして大リーグのドジャースに行った、黒田投手もデビュー戦を勝利で飾り、鮮やかなスタートをきりました。まあ個人的には、松坂と比べても上の投手なので、ヒジの状態さえよければ、最多勝をとってもおかしくはないと思ってるので、これからも楽しみです(^^)。

競馬はいよいよクラシックシーズン到来で、今週は桜花賞です!
春のG1も「競馬の法則」で、ビシバシ当てて、儲けていくので、
よろしくお願いします(笑)。めんどくさくなければ、各G1の「法則」をブログに書いていきますので。

大阪杯では、順調にダイワスカーレットが強豪牡馬を相手に快勝して、春の古馬・中距離路線の主役に踊りでました(俺の感触では、エアグルーヴ級の馬かも)。ドバイで4着と健闘したウオッカとの対戦が楽しみです!


にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:桜花賞の自信の予想! - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月06日

(日曜日)

有馬記念の法則~結果~

マツリダゴッホとダイワスカーレット。
なるほど、こういう結果になりましたか~。

これまでさんざん「法則」について書いてきましたが、みなさんお気づきのように、あの法則には馬場状態、脚質、枠、騎手など、競馬予想に重要なファクターは一切加味されてません。

今回の有馬記念、1番気がかりだったのは、馬場状態です。梢重で1枠に入ってしまったサムソンがどういう競馬をするのか。

過去15年、梢重で行われたのは、02年、ただ1回だけです。
この時の1番人気ファインモーションは、牝馬という事で片付けましたが、馬場の影響の可能性もなくはなく、梢重の場合、1番人気は過信出来ないという見方も出来ます。

この年連対したのは、中山で行われた秋天1着、JC1番人気のシンボリクリスエスとタップダンスシチーという中山巧者の馬でした。
この事から、梢重で行われる時は、とくに中山巧者・先行馬は注意という事がいえます。

それを今年に当てはめて考えてみます。
1番人気のメイショウサムソンが危険だとすると、次に軸となる
ダイワスカーレットからというのもひとつの方法だったかもしれませんが、
3歳牝馬を軸にするというのも、ちょっと難しかったですね。

こういう時は、中山巧者のマツリダゴッホ。ちょこっとだけど、押さえてました。
中山G2を2勝してるのは、あのアメリカンボスと同じ。このタイプの馬がいた場合、
馬場に関係なく穴として狙うというのもありでしょう。。

思ってたよりも、サムソンをはじめ、有力馬も人気薄馬も後ろの方で競馬をしてたので、結果的には仕方ないでしょう。

「有馬記念の法則」に付き合ってくれたみなさん、
本当にありがとうございました(^^)。

来年の有馬記念でもちらっとでも覚えておいてもらえれば(笑)。

まあ、「法則」とはこういった感じのものです(^^)。


それでは、いよいよクラシックなので、次回「桜花賞の法則」といきましょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ









<馬券予想 屋台村>

★テーマ:儲かる軸馬選定 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月04日

(金曜日)

有馬記念の法則~軸馬決定方法~

今回は「連軸馬の法則」を書いてみます。

まず1番人気の信頼性をチェックします。
過去15年、1番人気で連対した10頭をデータ分析すると、

①3~5歳の牡馬
②前走、G1かG2で1番人気
③前2走のどちらかで勝っている

この3つの項目すべてに当てはまってます!

結論から言うと、今年の1番人気であろうメイショウサムソンは、
「連対が堅い」1番人気馬だという事が分かります。

ただし、馬場状態が良馬場ならという前提。
もし重馬場になれば、予想が変わってきますが。
過去、有馬記念が重馬場で行われたのは、一回だけ。
その時は、1番人気のファインモーションがとんでます。

相手は単純に6番人気までの中からの可能性が高いです。
しかし過去15年がそうだからといって、そう簡単にいかないのが、
競馬の難しいところであり、おもしろいところ。

1番人気の堅い今年は関係ないけど、
一応、連対を外した5頭はどんな戦績だったのか書いてみます。

92年、トウカイテイオーは前走、ジャパンC・5番人気(1着)。
95年、ヒシアマゾンは前走、ジャパンC・2番人気(2着)の牝馬。
98年、セイウンスカイは前走、菊花賞・2番人気(1着)。
01年、テイエムオペラオーは、前2走、秋天・JC連続2着。
02年、ファインモーションは前走、エリ女王杯・1番人気1着の牝馬。

3頭は前走、1番人気ではありませんでした→②。
01年、前2走で勝ってない馬が1番人気になったのは、
過去15年、この年のオペラオーだけ→③。
02年ファインモーションは牝馬G1の実績だけ→①。

それでは、1番人気が「とぶ」と分かった場合、
どんな馬を軸にすればいいのか??

①(基本的にG1勝ちの実績があり)前走、G1かG2で1番人気。

これに当てはまる馬を人気順にチェックしていきます。

98年、4番人気→1着、グラスワンダーは、ア共和国杯1番人気。
02年、2番人気→1着、シンボリクリスエスは、JC1番人気。
(ただし、95年2番人気のナリタブライアンはJC1番人気ながらとんでます。前2走が秋天12着、JC6着という成績でした。
②→前2走、掲示板を外しているような馬は消し)

①②の方法で、該当する馬がいない場合、
「直結レース」勝ち馬が軸となります。

92年、宝塚記念勝ち馬メジロパーマー、15番人気→1着。
95年、菊花賞勝ち馬マヤノトップガン、6番人気→1着。
01年、菊花賞勝ち馬マンハッタンカフェ、3番人気→1着。

この方法で決定した「軸馬」から、
「直結レース」連対馬、中山G2連対馬に流せば、
「過去15年、的中率100%の法則」の完成となります。

今年の有馬記念出走馬、自分なりの見解については、
また書きたいと思います。


競馬予想の参考はこちら→<競馬屋台村>

にほんブログ村 競馬ブログへ






★テーマ:儲かる軸馬選定 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

04月02日

(水曜日)

「競馬の法則」有馬記念の法則~過去15年~

俺が競馬で儲けている「法則」とはどういうものかを、説明します。
とはいっても全然たいした事ではなく、まあ過去のデータの分析といったものです。

まず例として「有馬記念の法則」を披露します。

スポーツ新聞とかでは、過去10年のデータは載ってると思うので、
別の角度から、過去15年の的中率100%の法則を書いておきます。

まず、傾向として有馬記念3着までの人気と馬連配当。

      1着   2着   3着   馬連配当
1992   15    5    4    31550
  93    4    1   10     3290
  94    1    6    4      820
  95    6    5    4     4770
  96    1    3   14      900
  97    4    1    2     1240
  98    4    3   11     4430
  99    1    2    5      470
2000    1    2   13      380
  01    3   13    6    48650
  02    2   13    8    14830
  03    1    4    3     1290
  04    1    3    9     1240
  05    4    1    6      750
  06    1    6    3     1070

これを見てもらえれば分かりますが、
1番人気は10連対で、1番人気が連対した場合、
相手はすべて6番人気以内で、比較的堅くおさまっています。

1番人気が連対を外した5回は、配当4000円以上、
万馬券が3回と荒れたレースになっています。

まず1番人気馬が信頼出来るかどうかがポイントになります。

それはそれで置いといて、「穴馬の法則」として、
人気薄(6番人気以下)で劇走するパターンを解明してみます。

有馬記念は、距離・コース形態などから「直結」するレースがあります。
それは、「天皇賞(春)、宝塚記念、菊花賞」の3つのG1です。
(G2なら、阪神大賞典や京都大賞典など)
過去15年、この3つのレースの連対馬が有馬記念で連対しなかったのは、02年の1度だけでした(ただし、02年は東京競馬場改修の為、中山で行われた、秋天を勝ったシンボリクリスエスが1着)。

今年は、宝塚記念馬アドマイヤムーン、菊花賞連対2頭が回避して、
出走するのは、メイショウサムソンただ1頭、さて結果は?

この「直結レース」から人気薄で劇走した馬。
92年、15番人気→1着で、大万馬券を演出した
メジロパーマーは宝塚記念勝ち!
98年、11番人気→3着のステイゴールドは、春天・宝塚記念2着、
04年、9番人気→3着のシルクフェイマスは、宝塚記念2着、
近走不振で人気を落としていても要注意です。

次に、威力を発揮してるのが、中山コース巧者で、
「その年に、中山で行われるG2で連対した馬」

有馬史上最高配当だった、01年、最低人気で2着に突っ込んだ
アメリカンボスは、年明けのAJC・中山記念を連勝!
02年、13番人気→2着タップダンスシチーは、日経賞2着、アルゼンチン共和国杯(中山)3着で、中山2500の実績ありでした。
この年、8番人気→3着コイントスは、ア共和国2着。
00年、13番人気→3着ダイワテキサスは、中山記念勝ち。

それと忘れてましたが、万馬券の3頭に共通してるのが、
「4角2番手以内」という逃げ・先行脚質でした。細かいデータは
いろいろありますが、大まかにいえば、こんな感じです。

このように、すべての穴馬は、意味もなく走る訳ではなく、
劇走するには、「それなりの理由」があるという事です(^^)。


とこのように書きましたが、次回は実際の買い目をどのようにしたか説明したいと思います!


俺が参考にしてる競馬予想サイトはこちらです<屋台村>

にほんブログ村 競馬ブログへ







2008年

04月01日

(火曜日)

映画「UDON」を観て、「さぬきうどん」を食べよう!

この前、テレビで映画「UDON」をやってたので、観ました。

香川に住んでいながら、今だにこの映画を観てなかったので、
やっぱり気になるので、観てしまいましたね~。

「さぬきうどん」がここ香川でブームになりはじめたのは、
いつ頃からかなあ?10~15年前くらいでしょうか。
この映画、ドラマ的な部分以外は、ほとんど実際の話なんですよね。
このうどん屋はあそこや!ここや!とかいいながら観ました(^^)。

ほんとに人気のあるうどん屋というのは、あんな感じで行列が出来てます!俺はそんなに巡ってはないけど、俺が行った中では、あの「釜玉」で有名な「山越」や、曽我部恵一行きつけ(地元)の「蒲生」に行った時は、あまりの行列の長さに食べずに帰ってきました。そんなに並んでまで食べようとは思わないし。

ちなみに、サニーデイ・サービスの名曲「今日を生きよう」のPVは、
讃岐うどんを食い歩くだけという快作(怪作?)です!

「さぬきうどん」の魅力は、やはり安さとバリエーションの豊富さでしょう。安いところは、「小」で150円くらいですからね~。
みなさんもぜひ「さぬきうどん」を食べてみてください(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ



★テーマ:映画感想 - ☆ジャンル:映画

 相互リンク募集中! 

 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 
 競馬利殖ソフト 
 JRA 今週の重賞 

 プロフィール 

セイン♂

Author:セイン♂
競馬歴は10年くらいです。
一緒に「勝ち組」を目指しましょう!
好きな馬は、
サイレンススズカ、エアグルーヴ。
音楽(ロック)が好きなので、
「音楽ブログ」もやってます。
広島カープのファンです。

 ワンコイン競馬予想 
 クリックお願いします 

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 ブログランキング 
 FC2カウンター 

 インターネット新聞 
 無料資料請求 
 競馬予想サイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。