「ダービーの法則」

競馬で毎月20万儲けている「競馬の法則」を教えます!一緒に春のG1で勝ち組になりましょう!おすすめの競馬商材の紹介などもやっていきます。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

05月31日

(土曜日)

「ダービーの法則」~連対馬の条件(トライアル編)~

前日オッズを見てみると、ディープスカイが4.3倍で、やや抜けた1番人気でした。大体予想通りですね。

今日はトライアル組の「連対馬の法則」を書きます!

その前にちょっと昨日の補足をしておきます。

○皐月賞で10番手以降から5頭以上を抜いた追い込み脚質の馬

このタイプの馬の例を挙げれば、分かりやすいかなと思ったので。
今年の皐月賞で、東京向きだと軽視していた
ブラックシェルとベンチャーナイン

ブラックシェルは皐月賞で11番手から5頭抜きの6着でしたが、
東京コースのNHKマイルCでは連対。

ベンチャーナインは18番手から5頭抜きの13着でしたが、
これも東京コースのプリンシバルSで1着。

やはりこのタイプは小回りの中山コースでは実力を発揮できないけど、東京コースになると走るという「分かりやすい例」でしたね。負けても皐月賞6着ぐらいまでが、東京コースのG1で勝ち負けできるラインでしょうか。

あとフローテーションも東京向きだと思ってたので、穴としておもしろそうです。
スペシャルウィーク×リアルシャダイというのも、いかにもという感じ。


それでは「トライアル組」の連対条件にいきます。

トライアルとは、青葉賞、京都新聞杯、プリンシバルS、
これにとりあえずNHKマイルCも入れていいでしょう。

皐月賞組よりも簡単で、

◎2番人気以内で1着。

やはり世代NO.1を決めるダービーなので、そこで勝ち負けする為には、
強い馬が強い勝ち方をした時だけ、その資格を手にすることが出来ます。

これも分かりやすく、過去の連対馬を書いていきます。

・京都新聞杯
 インティライミ
 ハーツクライ
 アグネスフライト
 シルクジャスティス
 
全馬が追い込み脚質で、10頭以上抜きの鬼脚を使ってたり、
上がり3F最速タイムをマークした馬でした。

・青葉賞
 アドマイヤメイン
 ゼンノロブロイ
 シンボリクリスエス
 エアダブリン
 レオダーバン

ダービーと同じ条件で行われるこのレースは、追い込み馬以外でも先行して強い内容で勝った馬や優秀な時計で勝った馬などが狙えますね。

・プリンシバルS
 ダンスインザダーク

この馬はほとんど例外(弥生賞勝ちがあり、ダービー1番人気)で、オープンなので重賞連対実績がない馬がほとんどなので無視してもいいレベルのレース。狙えるのは無敗馬がいる時だけ。
今年は京成杯連対のあるベンチャーナインが勝ちましたが、10番人気でした。穴として狙うのはおもしろいけど・・・。

・NHKマイルC
 (アサクサキングス)
 キングカメハメハ
 タニノギムレット

この2頭はダービー1番人気だったので、特別でしょうか。
このレースはマイル戦なので1800m以上の重賞連対実績が必要。

今年のブラックシェルは皐月賞で条件をクリアしてますが、距離延長やこのレースを使ったのがどうかというのががポイントになります。

あと桜花賞。
去年のウオッカを基準に考えれば、連対馬が出てくれば要注意でしょうか。

と、「別路線組」の連対条件はこんな感じになります。

俺が今までダービーで勝っていた買い方は、信頼の出来る1番人気馬から条件をクリアした2~4頭を馬連で買って確実に儲けるというものでした。

さて、今年のダービーはどういう結果になるんでしょうか?
楽しみですね~!

よかったらクリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
スポンサーサイト

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月31日

(土曜日)

「ダービーの法則」~連対馬の条件(皐月賞編)~

ダービーの枠順が決まりましたね。
有力馬が内~真ん中にかたまって激しいレースになりそうです。

前々日オッズを見ましたが、やはり人気はわれてます。
どの馬が1番人気になるのか分かりませんが、
馬連でもけっこう配当がつくので、当たればおいしいですね(^^)。

今日は、過去18年すべての連対馬を浮かび上がらせる「法則」を書いていきます。(去年は外れてるので、とりあえずそれまでのものを・・・)

まず「皐月賞組」と「トライアル組」に分けて考えていきます。

大前提として、両者に共通する条件。

◎1800m以上の重賞連対実績

 やはりダービー、連対する馬の最低条件として、
 中距離適性と重賞で通用する能力をしめしている必要があります。

 ただし、過去1頭、重賞連対実績がなく勝った馬がいます。
 フサイチコンコルド
 この馬は前走、2200mのオープン勝ちを含む、2戦2勝でした。

◎オープン勝ちを含む無敗の馬

 このタイプはやはり底を見せていないという事でしょう。

今年だと、サクセスブロッケンが、ダートながら前々走東京、前走1800mのオープン勝ちなので当てはまりますね。(本当は2200m以上の芝オープンといいたいところですが)

それではまず、『皐月賞組』のチェック方法から書いていきます。

○基本的には「6着以内」。
 まあこれは絶対という訳じゃなく、あくまで目安程度で。

問題はここからの絞込みになります。
ダービーが行われる東京コースで武器になるのは、やはり末脚の威力なので、
小回りの中山コースでそういう差し脚を見せた馬をピックアップします。
これは、桜花賞→オークスの考え方と同じですね。

◎10頭以上を抜く「鬼脚」を使った馬。

過去、このタイプの馬がたくさん連対していますが、まず思い浮かぶのは、
やはり人気薄で2着になったボールドエンペラーですね。
皐月賞16番手から6着、ダービーでは14番人気ながらスペシャルウィークの2着につっこみ、万馬券を演出しました。

今年、この条件に当てはまるのは、レインボーペガサスです。

○道中、10番手以降から5頭以上抜いた馬。

これは、「鬼脚」の小型版になりますが、東京コースで有利な差し・追い込みタイプの脚質の馬が、5頭以上抜きを見せた場合、ダービー連対候補に入ります。
それと、やはり上がり3F最速の馬。

それから「鬼脚馬」と同じくらいの重要な項目。

◎逃げて勝った馬。
 もしくは4角2番手以内で連対した馬。


G1を逃げて勝つ、もしくは4角1~2番手で連対するというのは、相当な能力がないと出来ない芸当です。

サニーブライアン
ジェニュイン
ミホノブルボン
ビワハヤヒデ
アイネスフウジン

ただし、連対した2頭共が、4角2番手以内という「行った行った」の結果で、単純に展開が向いたと思われるレースだった場合があります。

去年のヴィクトリーーサンツェッペリン
98年のセイウンスカイーキングヘイロー(2頭とも強かったけど)

この場合、ダービーで連対した馬はいません。

今年はキャプテントゥーレが強い競馬で勝ち、ダービーも期待してましたが、出走できないのは残念です。

以上が「皐月賞組」で連対出来る条件です。

去年のアサクサキングスが抜けてますが・・・。
この馬は先行しての7着だったので、「法則」には当てはまってませんでした。
これはウオッカが勝った「特別な」年だった為、例外と考えるべきか、
それとも「きさらぎ賞」を勝っているからという見方も出来ますが。
個人的に、きさらぎ賞はダービーに「直結するレース」だと考えてるので。

なので、きさらぎ賞やほかの直結レースを勝ち(連対)、皐月賞でG1の厳しい流れを経験した馬、もしくは一ケタ着順だった馬は穴馬候補として挙げるというのでもいいかもしれません。
とりあえず今年の結果次第ですが。

それでは次回、「トライアル組」の連対条件を書きますので。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



究極のインターネット競馬新聞!馬三郎



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月29日

(木曜日)

的中率90%以上~過去18年~「ダービーの法則」

またまた雨ですね。

とりあえず基本的な考えとして、去年外れるまでの
「的中率100%だった法則」を書いておきます。
個人的には6年連続で的中させていましたが・・・。

強い馬が勝つ、まぎれのない東京2400mで行われるという事で、
やはり「1番人気馬」が信頼できます。
なぜなら、ここに出走してくる馬というのは2歳の新馬戦にはじまり、
皐月賞、ダービートライアルとすべてダービーを目標にしてきているので、
そのレースぶりや力関係を見ての「1番人気」なので。

まぎれというと、やはり去年のウオッカでしょう。
といっても、ウオッカ自体の能力は牡馬まさりな感じだったし、
桜花賞で勝ったダイワスカーレットは、皐月賞で1番人気になったアドマイヤオーラよりも強いというのと、3歳牝馬のレベルが高く、皐月賞のレベルが低いなどがありましたが、やはり牝馬でダービーまでに対戦した事がないという事で、3番人気に甘んじてました。
なので、去年みたいな「64年ぶり」みたいな出来事があると、「過去18年の法則」なんか通用しなくなってしまいます(笑)。

とりあえず去年を例外としての「法則」を書いていきます。

ただやみくもに「1番人気馬」を信頼すればいいのかというとそうではなく、
ひとつの目安として、

◎皐月賞3着以内
◎前走トライアル勝ち

これをクリアしている馬は100%連対しています。

この条件をクリアしてなかったのは過去2頭、
ウイニングチケット
メジロブライト
共に皐月賞4着でした。

しかし、ウイニングチケットはダービー勝ち、メジロブライトは3着。
この結果の違いを調べてみると、
ウイニングチケットは、皐月賞まで4戦4勝。
メジロブライトは、皐月賞の前のスプリングSでも2着に負けていて、
信頼性の薄い押し出された1番人気だったというのが分かります。

○皐月賞で3着以下に負けてる場合は、前走重賞勝ち


今年は、アドマイヤコマンド、ディープスカイ、マイネルチャールズあたりが1番人気候補になりますが、はたしてどの馬が1番人気になるのか注目です。

1番人気で堅いのか、今年もサクセスブロッケンみたいな「未対決の別路線組」の馬が勝つのか、たいへん興味深いレースになりそうです。

次回は、「連対馬の条件」を書きたいと思います!


よかったらクリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ






あなたの携帯電話が最新競馬予想機に変貌を遂げる ウマコンonline


★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月26日

(月曜日)

いよいよダービー!!

ダービーウィークがやってきました!
やっぱりワクワクしますね~(^^)。

ダービーは俺にとってある意味ボーナスだと思っていて、
毎年10万円の勝負をして確実に儲けていました・・・、去年までは。
そうです、去年はウオッカが牝馬で64年ぶりに勝つという結果だった為、
「法則」で買いはじめてから初めてダービーで負けてしまいました。
皐月賞・春天で儲けてたからよかったものの、痛い目にあいましたね。
今年は「法則」が通用するのかどうか試金石のレースです。

ダービーを攻略するためのポイントは、
やはり強い馬が勝つ、紛れのない東京2400mで行われるレースだという事。
これはジャパンCにもいえる事だけど、ジャパンCの場合、古馬と3歳馬の初対決、
外国馬の参戦など多少の不確定要素がありますが、ダービーは同じ3歳馬(基本的に牡馬)ばかりのレースという事で、予想は簡単です。

今年は混戦なので、堅いレースよりも予想するのはおもしろいですね~。
それでは、ダービーウィークを楽しみましょう(^^)。

クリックよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


競馬予想の新スタイル!馬三郎




★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月25日

(日曜日)

「オークスの法則」~レース回顧と結果論~

信頼出来る馬がいなかったので、軽くBOXで買ったんだけど外れました(笑)。

結局、桜花賞の1番人気馬と連対馬で決まりましたね。

トールポピーはデータ的にいうと、ベガ、シーザリオと同じで牡馬相手の2000mを勝っているので、オークスも勝てる桜花賞1番人気馬というパターンですね。
やはり距離が延びていいタイプでしたが、個人的には出走メンバーで1番好きな馬です。父ジャングルポケット、母アドマイヤサンデーは思い入れのある馬なので。
ジャングルポケットも重馬場のダービーを勝ってましたし。

まあ降着かそうでないかというのは、プロの判断にまかすしかないでしょう。
プロ野球の審判みたいなもんかな。

2着のエフテイマイアは、桜花賞の時にも書きましたが、同斤量なら走りますね。
レジネッタもさすが桜花賞を勝っただけの事はありました。
桜花賞上位組ならソーマジックが1番オークス向きかもと書きましたが、
まったく見る目がありませんでした・・・(^^;)。

リトルアマポーラはやはり大外枠というのもあったと思いますが、
武幸四郎もG1でそんなに信頼出来るジョッキーではないですからね~。

ブラックエンブレムは思ったような走りをしてくれました。

これだという軸馬がいなかったのに、オッズに流されてトールポピーを本命に出来なかったのは、悔やまれます。まだまだ俺も甘いという事です。
すべて結果論ですが(笑)。

来週はいよいよ待ちに待った「競馬の祭典・ダービー」です。
オークスみたいに遊びで買うんじゃなく勝負します!

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


狙った獲物は決して逃さない!
初心者~ベテランまで万馬券はあなたの携帯から生まれる!

携帯電話が最新競馬予想機に変貌を遂げるウマコンonline



★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月25日

(日曜日)

「オークスの法則」~最終予想~

とりあえずオークスの個人的な予想を書いときます。

◎リトルアマポーラ
○レッドアゲート
▲ソーマジック
△トールポピー
 ブラックエンブレム
×レジネッタ
 ムードインディゴ

 
こんな感じでしょうか。
人気通りで、ひねりも何もない予想になってしまいました(笑)。

リトルアマポーラは桜花賞の結果を見た時から、一応本命に決めてました。
やはり大外枠になったので、スローペースを後方から外外をまわってはたして届くかどうかというのは不安はありますが・・・。

◎と○はどっちが軸に出来るかまだ考えてます。
当日のオッズの変動に注目してます。

▲は桜花賞上位組だと、やはりこの馬が距離が延びてよさそうです。
 
トールポピーは「桜花賞1番人気」でしたが、リトルアマポーラと同じ3.8倍で、2頭共1番人気でもあるし、1番人気じゃないともいえる微妙なオッズでした。
この馬自体は、持続力があり桜花賞よりはオークス向きかなと。馬体が戻ってれば巻き返してもおかしくないと思いますね。
俺の好きなジャングルポケット産駒だし(^^)。

逃げた馬がこわいなと、ウォーエンブレム産駒のブラックエンブレム。
エアパスカルもノーマークで逃げれば大穴としておもしろいんだけど、
中距離経験のあるこっちの方でしょう。

レジネッタは「桜花賞馬」なので悔やまれません。

マイネレーツェルやスイートピーS組など、気になりだしたらきりがありません(笑)。

買い方はまだ決まってませんが、印としてはこんな感じです。
それではみなさん、頑張ってください(^^)

よかったら、クリックよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月24日

(土曜日)

「オークスの法則」~別路線組の連対条件~

一応、昨日の続きも書いておきます。
簡単に、桜花賞組以外の「別路線組」の連対条件を。

◎フローラS連対
○忘れな草賞勝ち
(もしくは2つのレース共、鬼脚を使って3着以内の馬)


過去18年、3着以内になったのは、

◎ベッラレイア
 ディアデラノビア(3着)
 シンコールビー(3着)
 レディパステル
 ローズバド
 ダイイチシガー(3着)
 ゴールデンジャック
 キョウワホウセキ(3着)
 
○ユウキャラット(3着)
 エリモエクセル
 ナナヨーウイング
 チョウカイキャロル
 ツインヴォイス(3着)

基本的にはやはり、人気で連対するか鬼脚を使った馬が狙えますね。

△スイートピーS
このレースはフローラSと比べて距離も短いし、レベルも低くなるので、
基本的には無視してもいいと思っています。
過去にカワカミプリンセス1頭だけなので。
これは無敗で底を見せてなかったので、買えるのはこのタイプ。

でも今年の連対馬2頭はちょっと気になります。
アロマキャンドルは最後方から鬼脚を使って勝ってるのと、
いちょうSで牡馬相手に勝ってるので、東京オープンは2戦2勝。
スペルバインドは俺の好きな母父デインヒルだし、京都2200mで
牡馬相手に1着、東京の2000mでも差のない競馬をしています。
なので、例年に比べたら完全に無視は出来ないですね。

基本的は「オークスの法則」とはこんな感じになります。
信頼出来る軸馬がいれば、その馬から条件に当てはまる馬を絞り込んで買えばいいし、信頼出来る馬がいなければ、BOXで買えば当たると思います。

去年は、ベッラレイアで堅いレースで、相手も桜花賞で10頭抜きの鬼脚を使ったローブデコルテでわりと簡単にとれました。

前日オッズを見ると、1番人気はリトルアマポーラでした。
とはいって4.6倍とかなり割れてるので、絶対的な感じではありません。
雨も降るみたいなので、最後まで予想がたいへんですね~(笑)。
みなさん、なんとか頑張って当てましょう!
ダービーは晴れて欲しいけど・・・。

よかったらクリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ





★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月24日

(土曜日)

「オークスの法則」~連対馬の条件~

オークスの枠が決まりましたね。

注目のリトルアマポーラは大外になってしまいました。
ゲートの出がよくないし、脚質的にも後方からの競馬になりそうですが、
スローペース間違いなしのレースだけに厳しそうです。

もう1頭のレッドアゲートは自在性があり、スローペースでも好位から競馬が出来るので、絶好といえる枠でしょう。リトルアマポーラのは大外が嫌われるだろうから、どうやら1番人気はこちらになりそうです。

さて今日は「連対馬の条件」を書いてみたいと思います。簡単に。

まず桜花賞組から。

◎鬼脚馬(10頭抜きを記録した馬をこう呼んでます)
 もしくはそれに近い8~9頭抜き

やはり阪神コースで10頭近くを抜く末脚というのは、
東京の直線では強力な武器になります。

○5頭抜き
 鬼脚馬はめったにいないので、小型ながらこのタイプもピックアップします。

印象としては、上記の脚を使って連対した馬はマイルが向いている感じがするので、強烈な末脚を繰り出したけど、距離が短くて届かないといった感じの馬の方がいいような気がします。

ローブデコルテ
シーザリオ
エアメサイア
チューニー
スマイルトゥモロー
シルクプリマドンナ
エアデジャヴー
メジロドーベル
ファイトガリバー
ダンスパートナー
ユウキビバーチェ
アドラーブル
サンエイサンキュー
シスタートウショウ
アグネスフローラ
エイシンサニー

過去18年で、16頭がこのタイプです。

もうひとつ桜花賞組では、
桜花賞の前に桜花賞よりもオークスに直結するレース、

◎クイーンC(東京コース)、
○フラワーC(コース形態としては阪神に近いので桜花賞にも直結しますが、
       距離的にはオークスにも直結)、
○エルフィンS(京都で牝馬重賞がないので、関西馬はこのレースを使ってくる)

この3つのレースの勝ち馬(連対馬)が桜花賞を使って、
G1の厳しい流れを経験して、距離が伸びて巻き返すというパターン。

フサイチパンドラ
ダイワエルシエーロ
チューニー
スマイルトゥモロー
チャペルコンサート
ウメノファイバー

重複している馬もいますが、ここ10年でこれだけいます。
まあここまでだと、新聞とかでも書いてますが(とくにクイーンCとの関係とか)
ここで注目して欲しいのは、「人気」です。
上記の馬はすべて「3番人気以内」でした。
展開が向いたり、フロックで勝ったような馬はいらないという事です。
とくにクイーンC組は、ダイワとチューニーが1番人気、ウメノは2番人気でした。
フサイチパンドラは2着に負けましたが、圧倒的な1番人気、
桜花賞でも2番人気になるなど潜在能力が認められてました。

そして、もうひとつ忘れてはいけないのが、
◎桜花賞勝ち馬
 「桜花賞1番人気は疑うべし」の法則があるので、
 「1番人気じゃなくて、勝った馬」をピックアップします。

スティルインラブ
チアズグレイス
ファレノプシス(3着)
など

とりあえず桜花賞組から連対する馬のチェック方法を書きましたが、
あとは書かなくても大体分かると思います。
一応、明日でも書けたら書きますが(笑)。


よかったらクリックよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ




★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月22日

(木曜日)

「オークスの法則」~1番人気の見分け方~

なかなか忙しいので、じっくりと書けませんね~。
「ダービーの法則」は詳しく書きたいと思いますので。

とりあえず前回「桜花賞の1番人気は疑うべし」の続きとして、
「オークス1番人気馬の信頼性のチェックの仕方」を書いてみます。
とはいっても、絶対的な法則はないんだけど・・・。参考程度に。

大抵「桜花賞1番人気」か「桜花賞勝ち馬」が1番人気になってますが、
シーザリオやベガみたいなタイプ以外は連対していません。
キョウエイマーチ、テイエムオーシャン、ダンスインザムードのように、
明らかなスピードタイプの馬だと消しやすいです。

連対出来るパターンは、最近からだと

ベッラレイア
シーザリオ
2000m(中距離重賞)の実績が認められた。

シルクプリマドンナ
トゥザヴィクトリー
この2頭は桜花賞で、共に3番人気と5番人気で3着に負けてました。
3着に負けたにもかかわらず、東京2400m向きだという事で、
1番人気に支持されたんだと思います。
トゥザヴィクトリーも2000mで圧勝してました。

エアグルーヴ
桜花賞を熱発で回避したにもかかわらず、実力が認められたんでしょう。

シスタートウショウ
アグネスフローラ
2頭共、無敗で桜花賞勝ち。圧倒的な能力があった。

とこんな感じになります。

今年はリトルアマポーラかレッドアゲートあたりになるんでしょうか??
圧倒的に抜けている感じはしませんが、この2頭なら信頼出来るパターンでしょうか。
リトルアマポーラは桜花賞でトールポピーと同じ3.8倍ながら、わずかに2番人気。
微妙だけど、これをどう見るか。

次回は、「連対馬の法則」について書いてみたいと思います。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ





★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月20日

(火曜日)

的中率100%「オークスの法則」~過去18年~

今週はオークス、そして来週はいよいよダービーです!
さっそく「オークスの法則」を書いていきたいと思います。

まず攻略のポイントとして、オークスと桜花賞はまったく別の性質のレースだという事です。求められる特性が全然違うので、まず桜花賞で1番人気になった馬は疑った方がいいでしょう。桜花賞で1番人気になるという事は、「阪神の1600m」を走った時に1番速いだろうと思われて支持されてるので、逆にいえば「東京の2400m」は向いてない可能性があります。

過去18年、桜花賞で1番人気になってオークスで連対(勝利)したのは、
2006年 シーザリオ
1993年 ベガ
の2頭だけです。

この2頭に共通してるのは、男馬相手の2000mで勝っていることです。
ベガは新馬戦で2着馬を0.7秒ぶっちぎって勝ってるし、
シーザリオも500万条件で、勝ってます。

◎男馬相手に高い能力と長距離適正を見せていた。
という事がいえます。

とこのような感じで「オークス」を解明していきたいと思います。

<追記>
ベガの前に、イソノルーブルがいました。忘れてました・・・。
無敗で桜花賞に出走して、桜花賞で初黒星を喫してます。負けなしだった為、人気をあつめたけど、桜花賞向きではなかったという事でしょうか。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ




★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月18日

(日曜日)

「ヴィクトリアマイル回顧」~結果論~

エイジアンウインズが快勝とやや意外な結果でした。
3着は十分あると思ってましたが、まさか勝つとはな~。

このレース、NHKマイルC、安田記念と同じ舞台の東京1600mですが、
どうやらレースの性質は牝馬戦という事でかなり異なるようです。
ほかの2つのレースは一線級のマイラーや中距離馬が集まるので、消耗戦になりスタミナとか底力といったものが必要とされるんだけど、マイル以上の実績のない馬が勝つ、このレースは牝馬戦特有のスローペースという事でそれほど関係ないみたい。

勝ったエイジアンウインズは去年のコイウタと同じフジキセキ産駒というのもありますが、俺は母父デインヒルというのがずっと気になってました。
というのも個人的に好きな種牡馬が、トニービンとデインヒルなんです。
2頭共、東京コースで強い馬ですね。
デインヒル産駒というと、安田記念でハイペースを先行して2着に踏ん張ったブレイクタイム(これも好きな馬)やその前年の安田記念を勝ったフェアリーキングプローンもいるし、東京1600mのG1で底力を発揮するみたいなので、今回勝ったエイジアンウインズも「後押し」があったのかもしれません。

ウオッカは大体予想通りの結果でしたね。てっきり3着だと思いましたが(笑)。
結果的に見ると信頼出来る1番人気だった訳ですが、ハナ差はレースのアヤなので、
やはり3連複で買ってた方が無難なレースだったと思います。
それにしても、本当にこの馬は「そのまんま」タニノギムレットですね。
今回約一年ぶりに連対したので、次走からは期待できます。

ブルーメンブラッドは牡馬相手に好勝負して来て、去年より力をつけていたので、休み明けのベッラレイアや近走今いちのローブデコルテよりは、この馬を上位に見るべきでした。

ニシノマナムスメはマイラーズC連対があったとはいえ、まだオープン(重賞)未勝利だったことを考えれば期待しすぎだったかもしれませんね。

3回で大体傾向は掴んだので、来年は勝負ですね(^^)。
重要になるのは、ヴィクトリアマイルの過去2回の傾向に現れていたレースの格の他に、「ラップ」と「調子(勢い)」。これを加えれば大体的中出来るんじゃないかな。実際今年はそのパターンだったし。

それでは、次は「オークス」です!

参考になってれば、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログへ
  競馬予想



★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月17日

(土曜日)

「ヴィクトリアマイルの法則」~個人的予想~

京王杯はスーパーホーネットの完勝でした。2着だったキストゥヘヴンは、ヴィクトリアマイルに出てれば勝ち負けだった可能性はありますね~。
スズカフェニックスが本番で人気になるようだと危険なんじゃないかと思います。

ついでにカープは延長で勝ちました(^^)。
苦手の交流戦をどう乗り切るかが問題。

さてヴィクトリアマイルの予想をしたいと思います。

◎ウオッカ
○ニシノマナムスメ
▲ローブデコルテ、ベッラレイア
△ジョリーダンス
×ブルーメンブラッド、エイジアンウインズ、マイルカンナ
注ビンクカメオ

まあオーソドックスな予想です(^^)。

ウオッカの能力はダントツですが、やはり問題は体調と、久々のマイル戦というところ。
過去2年、1番人気馬が連対してないという事もあり、絶対的な信頼は出来ません。

一昨年はダンスインザムードで堅かったけど、去年みたいに信頼出来る軸がいないと、荒れる可能性も充分あります。

ニシノマナムスメはG1実績はありませんが、東京勝ちを含む3連勝後、愛知杯連対、そしてひかるのはやはり前走のマイラーズC2着。前走、混合マイル重賞連対というのは過去の勝ち馬(ダンスインザムード、コイウタ)と共通。着実に力をつけて来て、G1で連対してもおかしくでしょう。アグネスタキオン×ニシノフラワーというのも魅力。

前日オッズを見て馬券的な妙味を最も感じるのは、ローブデコルテです。
適条件のここでどういう走りを見せるのかが楽しみです。

ベッラレイアはやはり休み明けがどうかというところだけ。
全然走らない可能性もあるし、力を出せれば連対の可能性も。

ジョリーダンスは安田記念3着があり、その後も牡馬相手に好勝負してるので。

×の3頭は3着までという感じ。

ピンクカメオはG1勝ちと同じ舞台でどうか?というのが、ちょっと気になります。

個人的には、完全に信頼出来ないので馬券を買うのは、パスします。
終わってみればウオッカ圧勝だったりして(笑)。
もし買うとすれば、▲か△までの馬連BOXかウオッカ軸の3連複、
高配狙いならローブデコルテから。

今年の傾向を見て、来年から勝負しようと思います(笑)。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
ほかのすごい競馬ブログの予想も参考にしてください!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月16日

(金曜日)

的中率100%「ヴィクトリアマイルの法則」~過去2年だけ~

ヴィクトリアマイルは正直、あんまりG1とは思ってないんですよね~。
過去2年は牝馬のG2くらいの感覚で見てました。馬券も買ってないし。

予想に関しては、同じ東京マイルという事もあり、
ある程度はNHKマイルCと安田記念の「法則」の考えを応用出来ます。

このヴィクトリアマイル、過去2回の結果を見ると、明らかな傾向が出てますね~。

◎3着までの6頭すべて、G1で3着以内の実績。

これだけではありませんが、
このレースに直結するレースの格付けをしてみると、

①混合G1
②牝馬G1
③混合マイル重賞
④牝馬G2
⑤牝馬重賞


簡単に書けば、こんな感じですかね。

同じカテゴリーでも、マイルより短い距離よりは、マイルかそれよりも長い距離の方がいいし、違うコースよりは同じ東京コースの方がいいのはいうまでもありません。

①の最高峰はやはり天皇賞(秋)、次はマイルCSです。
 今年のウオッカはダービー馬なので、当然ここに入り、格としては1番上です。
 もちろん能力的にもこのメンバーならダントツですが、問題は体調でしょう。
 一昨年の1番人気ラインクラフトは、4歳になってスプリンターよりになって来たので、
 東京マイルは厳しかった印象があります。

②のタイプでおもしろいのは、ローブデコルテでしょうね。
 近2走、阪神1400mと得意じゃない条件を走っての、今回適条件なので。
 ベッラレイアは能力的には高いし条件も合うと思うけど、やはり休み明け
 というのがどうでしょう?去年の1番人気カワカミプリンセスは負けました。

③混合重賞は、基本的に牝馬戦より、ワンランク上と考えればいいです。
 混合G3なら牝馬G2、G2ならG1という感じに。
 ニシノマナムスメはG1経験はないけど、おもしろい存在です。

④の中では距離・コース的に、府中牝馬Sがいいですね。
 デアリングハートは、前年のこのレース勝ち。

とこのような考え方を基本に予想すれば、的中するんじゃないかと思います(^^)。

もう少し詳しく書きたいけど、ちょっと忙しいので簡単に書いてみました。
それでは、次は最終予想を書きたいと思います。

参考になってれば、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

こちらも参考にしてます



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月14日

(水曜日)

ディープインパクト×エアグルーヴの牝馬、9冠ベビー誕生!

ヴィクトリアマイルの「法則」を書く前に、このニュース。

ディープとエアグルーヴに待望の産駒(牝馬)が誕生。

母エアグルーヴは通算19戦9勝、
96年にダイナカールとの母娘オークスVを達成。
97年には天皇賞(秋)を制し、牝馬では26年ぶりの年度代表馬に輝きました。98年にはジャパンCで、エルコンドルパサーの2着で2年連続の連対を果たしました。

エアグルーヴは、俺が競馬を始めた時に走ってた馬なので、特別な思い入れがあるんですよね~。
常に牡馬一線級と戦いながら、デビュー以来3着以下に負けたのは、骨折した秋華賞(10着)と落鉄してた引退レースの有馬記念(5着)だけという、本当に凄い馬でした。

父母ともに年度代表馬の子供の活躍が今から楽しみです!
(ポルトフィーノの骨折は残念ですが・・・)


なぜ、この話題をしたのかというと、まあエアグルーヴが好きだというのもあるんだけど、実はこのエアグルーヴの戦績に、ヴィクトリアマイル攻略のヒントがあるからなんです。

次回、「ヴィクトリアマイルの法則」をお楽しみに(笑)。
といっても過去2回なので、傾向といった程度のものでしょうか。

よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:中央競馬 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月13日

(火曜日)

ダービーに向けて~NHKマイルC&京都新聞杯&プリンシバルS~

先週、3つのダービートライアル(俺の中ではNHKマイルCも)があり、
これでダービーの展望が見えてきました。

皐月賞とトライアル全レースが終わって、ダービーの本命候補は3頭いますが、
興味はどの馬が1番人気になるのかという事です。

その1頭、ディープスカイも正式に出走を表明しましたが、
俺の中では今のところ、1番の本命候補です。

京都新聞杯は、レベルが低かったかなと思いますが、
勝ったメイショウクオリアは、前走2400mと連勝なので、
相手候補には入れなくてはいけないでしょう。

プリンシバルSは、1頭以外はレベルの低いメンバーだなと思ってましたが、
(2番人気が500万を勝ってないような馬だったし)
その1頭ベンチャーナインが豪脚を使って順当に勝ちました。
ここでは力が違いましたね~。
なんせ京成杯では、皐月賞1番人気のマイネルチャールズとクビ差の2着。
続くレベルの高い、スプリングS、弥生賞、皐月賞では、
後方から確実に末脚を伸ばして順位をあげてましたが、
なんせ中山コースでレベルの高いメンバー相手では無理でした。
そして今回、東京コースで一気のメンバー弱化では、勝って当然の結果でしたね。

ダービーではさすがにメンバーも強くなりますが、
レベルの低い今年のような混戦では穴としておもしろそうです。

ダービーが待ち遠しいですね~(笑)。

「ダービーの法則」は、レースが近づいたら披露するので、また見に来てください!


他のいろいろな「競馬ブログ」も参考にしてください!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ







★テーマ:中央競馬 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月11日

(日曜日)

「NHKマイルCの法則」~結果的に快勝!~

おお~、今回は珍しく快勝でした(^^)。
皐月賞、天皇賞は押さえの3連複だけの的中だったけど。

馬場の事とか考えたら、荒れるんじゃないかとかレース前は不安でしたが、
終わってみれば「法則」通りになり、本線で的中しました!

ディープスカイ本命、ブラックシェル対抗というのは、
「法則」関係なく今までのレースぶりからの予想でしたが、
最終的にディープスカイが1番人気になり、
「法則」としても、結果的に連対の堅い(勝つ)1番人気に当てはまりました。

ファリダットはやはり距離に不安、ゴスホークケンは前走負けすぎ、
レッツゴーキリシマは近走今いちと、2番手グループにあげた4頭の中では、
内心ブラックシェルかなと思ってました、結果論ですが(笑)。

ディープスカイは、この後どういう路線を歩むのか分かりませんが、
もしダービーに出走するのなら、俺の中では本命候補に躍り出ますね。

ブラックシェルは皐月賞の時に、NHKマイルC向きと書いたとおり、
ダービーはちょっと長いような気がするし、能力的にもちょっと足りないかな。

ダービートライアルがすべて終了して、ダービーが待ち遠しいですね~(^^)。

読んでくださったみなさん、これからも精度の高い「法則」を披露していくので、
よろしくお願いします!!


よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



G1以外はこちらを参考にして稼いでます。


★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月10日

(土曜日)

「NHKマイルCの法則」~最終予想~

前日オッズを見ると思ったよりも人気がわれてました。
1番人気の単勝オッズが5倍と荒れそうな気配です。

1番人気は意外にも、ゴスホークケン。
しかし複勝は、4.3~倍と、勝つか凡走かと見られていて信頼は出来ない感じ。

2番人気も意外に、サトノプログレス。
能力的にはそう高いと思わないけど、マイル巧者だし、騎手や枠とか
トータル的に見て穴が少ないというところでしょうか。

個人的に予想をしてみます。
といっても、馬場の事はなにも考えずに決めてます。

◎ディープスカイ
 絶対的な信頼感はありませんが、俺の好み的にはこの馬ですね。

○ファリダット、ブラックシェル、レッツゴーキリシマ、ゴスホークケン
 これという相手がいないので、2番手グループといった感じ。

△エーシンフォワード、ドリームシグナル、サトノプログレス、エイムアットビップ

ほかサダムイダテンは穴人気になってるように、道悪ならあるのかなあ??

上位人気馬で決まりそうな感じはするけど、荒れそうな気もするし。
買うなら、◎軸の馬連か、◎○のBOXです。

はっきり断言出来ずにすみません。
「スマステ」80年代邦楽でも、見て寝ます(笑)。


よかったらクリックよろしくお願いします(^^)
いろんな競馬ブログの予想が見れるので参考にしてください!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月10日

(土曜日)

「NHKマイルCの法則」~連対する馬の条件~

雨ですね・・・。
正直、道悪になれば「法則」はあてにならない可能性があります。
逃げ残りや先行しての粘り込みとか、結果がどうなるのか予想がつきません。

とりあえず「ざっくり」と過去の連対馬の条件を書いてみます

①重賞連対馬
②マイル勝ち


大きく分けて、この2つのパターンに分類されます。
これをもう少し、詳しく分析すると、

重賞連対馬は、基本的に3歳時の成績だけ見ればいいです。
(朝日杯は同じマイルのG1なので、無視出来ませんが)

その中で、このレースに直結する重賞の格付けをしてみると、

①G1(朝日杯、皐月賞、桜花賞)
②1800m以上のG2(弥生賞、スプリングS)
③1800m以上のG3(毎日杯、共同通信杯、きさらぎ賞)
④マイル重賞(ニュージーランドT、アーリントンC、シンザン記念)
⑤1200m&牝馬重賞


①皐月賞で連対するような馬はたいていダービーに行くので、
実質は同じ距離の朝日杯と桜花賞が重要なレースになります。
朝日杯組は、やはり臨戦過程が重要になりますが、
桜花賞組は連対馬じゃなくても、去年のピンクカメオのように
G1の厳しい流れを経験したというのが大きいんでしょう。

②は、弥生賞より距離も近くマイラータイプの馬が出走してくる、
スプリングSの方が流れも厳しいので直結するかもしれません。

あとは省略しますが、こんな感じです(笑)。

次に重賞連対実績のない馬は、すべてマイル勝ちの実績がありました。
とくに全馬に、オープンのマイルか東京マイル勝ちのどちらかがあります。

過去のこのパターンの馬とマイル実績、

シンコウエドワード マイル2戦2勝(東京含む)
シンボリインディ  マイル3連勝(東京&オープン含む)
トーヨーデヘア   オープン勝ち
グラエイコウオー  東京勝ち
ピンクカメオ    オープン勝ち

と、ほんとに「大ざっぱ」にいえば、このようになります。
あとはまあ、おのおので各馬の能力分析をしてください(笑)。

個人的には、芝のG1なので、ダート血統の馬はいらないと思ってます。
過去、シーキングダイヤ、タイキリオンは2番人気、ユートピアが4番人気と、
上位人気になってますが、走ってないです。
サダムイダテンは穴人気になりそうだけど、個人的にはないかな。


ここまでを踏まえて、今年の出走馬を見たところ、例年よりもレベルが高いので、そんなに荒れないんじゃないかと思っています。
といいつつ、馬場が悪化すればなにが来てもおかしくないような気もするし。

あとは、馬場状態やオッズを見ながら最終予想をしたいと思います。


よかったらクリックよろしくお願いします(^^)、
こちらからいろんな予想が見れます!
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月09日

(金曜日)

「NHKマイルCの法則」~信頼出来る1番人気馬の見極め方~

最近は乗り気でなかったので、馬券を買ってないレースですが、
とりあえず「1番人気馬か信頼出来るかどうかの見極め方」を書いてみます。

これはじつはとても簡単なんです(^^)。

◎前走、重賞勝ち

これだけ!

もう少し補足すると、
○前走重賞勝ち、かつ1600m以上の重賞勝ちの実績がある馬
 これにあてはまっていれば、100%連対(1着)してます→過去4頭。

キングカメハメハ(毎日杯)
クロフネ(毎日杯)
エルコンドルパサー(NZT、共同通信杯)
シーキングザパール(NZT、フラワーC、シンザン記念)

唯一、前走重賞勝ちで連対を外したファビラスラフインは、NZT1着でしたが、距離1400mなので、東京マイルがどうかというのがありました。
まあ牝馬だというのもあると思いますが。

東京の1600mというのは、スピードだけでは勝てないタフなコースなので、
他の競馬場なら、1800~2000mの重賞を勝ってるくらいの馬がいいです。

この4頭以外で連対した1番人気は、去年のローレルゲレイロだけです。
この馬は朝日杯2着の実績がありましたが、フサイチリシャールも同じようなパターンで、1番人気を裏切ってます。このタイプは、やはり消耗度の見極めが大事ですね。フサイチリシャールの場合、レベルの高いレースでずっと連対してたというのもあると思います。
1番人気じゃないけど、朝日杯勝ちのコスモサンビームは、スプリングS5着、皐月賞4着ときて、このレースで連対してます。

○朝日杯連対馬は、勝てないまでも2着の可能性があるという事ですかね。

今年の1番人気は、ディープスカイかファリダットになりそうです。
デイープスカイならある程度の信頼性はもてそうだけど、
ファリダットならステップ的に不安です。それまで、長い距離をずっと使ってたのはいいんだけど、あまりにも前走が圧勝だったので、逆に短い距離(1200~1400m)の方がいいのでは?という不安があり、はたして東京のマイルでどうなのかというのがあります。他場のマイルなら問題ないでしょうが。
どちらになるのか注目です!

それでは次回は、大ざっぱに「連対馬の条件」について、書いてみたいと思います。

どうでしょう?参考になったでしょうか?
よかったらクリックよろしくお願いします(^^)
ほかのいろいろなブログも参考にしてみてください!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ


参考にしてます


★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月07日

(水曜日)

「NHKマイルCの法則」~展望&有力馬~

NHKマイルC・・・、
正直あんまりテンションが上がらないレースです。
G1レースにも好き嫌いがあり、やはりレベルの高いレースほどおもしろいと思うんだけど、このレースは中途半端な位置づけなので、あんまり好きじゃないです。
なので、「法則」としてもそう突き詰めてないんですよね~、正直なところ(笑)。

とりあえず、有力馬の個人的見解をしてみます。

まず目につくのは、ファリダット
母はあのビリーヴで、父キングマンボはエルコンドルパサー、キングカメハメハと
NHKマイルC馬を輩出した世界的な名種牡馬。
前走、2着に4馬身差の圧勝だったので、ヘタすれば1番人気になるかも。

もともと、このレース向きだと思っていた、ブラックシェル
皐月賞を使ってきた馬は、消耗度が鍵になります。
個人的には年明け一戦して、皐月賞を走った馬がいいんじゃないかと思ってます。
フサイチリシャールみたいに使い詰めで、出がらし状態の馬は危険かと。

同じく皐月賞組の、レッツゴーキリシマ
スプリングS、皐月賞と差のない競馬をしてきて、適距離のここはおもしろいと思います。人気は違うけど、去年のローレルゲレイロと同じパターンだし。

俺が1番注目してるのは、ディープスカイ
今年の3歳G1のトレンドだと思っている、アグネスタキオン産駒。
毎日杯で快勝(2着のアドマイヤコマンドは青葉賞勝ち)の後、
皐月賞は見向きもせずに、このレース狙いできました。
タイキフォーチュン、クロフネ、キングカメハメハに続くか!

さらに2歳チャンプで、前走惨敗のゴスホークケンの巻き返しはあるのか?

前走NZT勝ちで、マイル得意のサトノプログレス

連対率100%のステップレース、桜花賞から出走してくる、エイムアットビップ

ドリームシグナル、ダンツキッスイ、ダノンゴーゴーは重賞ウィナーだし、3戦3勝と無敗のスプリングソングとクサイ馬もたくさんいて、今年も高配当になるかも。


次は、「信頼出来る1番人気の見分け方」と「連対馬の法則」について書きたいと思いますので、またお越しください。


よかったら、クリックよろしくお願いします(^^)。
いろいろな競馬ブログが見れます!
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ


参考にしています!




★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月06日

(火曜日)

「ダービーの法則」では、相互リンクを大募集してます!

競馬ブログを始めて、一ヶ月と少しがたちました。
たくさんの人にお越しいただき、感謝しています(^^)。

自分なりに研究した「法則」でG1では的中率100%に近いんだけど、、
違う角度から見れば、まだまだ精度はあがるんじゃないかと思ってます。
G1以外になると、馬を見る目に自信はあっても、所詮素人の予想なので
けっこう外れたりします。

やはり、競馬で必要なのはさまざまな(確かな)情報だと思うので、
当ブログでは「相互リンク」してくれる人を大募集します!
競馬にはいろいろな楽しみ方があると思うので、
それぞれの「競馬の楽しみ方」を参考にさせてもらおうと思ってます。

今までこのブログを見て、俺と似たようなスタンスで予想している人、
「なかなかおもしろいこと書いてるな~」と思ったり、参考にしてくれた人、
俺と同じようにブログ始めたばかりで、相互リンク募集してる人、
そんな中で「別にリンクしてやってもええよ!」という人がいたら、
お手数ですが、ぜひコメントお願いします!
もしコメントしくくれた人がいれば、ブログの方を見させてもらい返事しますので(^^)。


「ダービーの法則」について


よかったら、クリックお願いします(笑)。
   ↓  ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:中央競馬 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月04日

(日曜日)

「天皇賞(春)の法則」~結果論~

いや~、終わってみれば「法則」通りの結果になってしまいました(笑)。

俺はアサクサキングスとメイショウサムソンのどちらを軸にするのか迷って、
結局アサクサキングスを軸にしてしまい、馬連は外れ・・・、
皐月賞に続いてかろうじて3連複だけ的中という結果に終わってしまいました。

「法則」ではアサクサキングスは(微妙に)危険な1番人気だったので、
(前年G1勝ちの1番人気馬は、前走で古馬相手に勝っておく必要がありました。)
メイショウサムソンを軸にしなければいけなかったんだけど、
サムソンの近走から信頼しきれませんでした・・・。

やはり前年の勝ち馬は、距離・コース適正、実力ともに間違いないですからね~。
菊花賞を勝ってもあくまで3歳限定で、古馬との実力差が分かりません。

レースの方はなかなか見応えがありましたね。
ホクトスルタンをノーマークにしすぎるとイングランディーレの再現もあったので、
アサクサキングスは上位2頭と比べると、結果的に損な役まわりでした。
勝ったアドマイヤジュピタはこれで宝塚記念もおもしろくなりました。

「法則」はあくまで過去のデータなので、これをどう生かすかだと思ってますが、
今日みたいに「機械的」に考えすぎずに買ったほうがいい場合もあります(笑)。

それでは、読んでくださったみなさん、またよろしくお願いします(^^)。


↓励みになるので、クリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月04日

(日曜日)

「天皇賞(春)の法則」~人気薄で連対する馬~

青葉賞は順当にアドマイヤコマンドが勝ちました。内容的にはそれほどインパクトを感じなかったんだけど、ダービーではどうでしょうね~。

今日は、「法則」の最後として天皇賞(春)で過去、人気薄で連対した馬の
パターンを全て書きたいと思います。

①G1ウィナー(とくに前年)
 →ヒシミラクル

②近3走、G1連対(有馬記念は3着以内)
 近3走といえば、菊花賞、ジャパンC、有馬記念になります。
 →ライスシャワー

③近3走、G2連対(2200m以上)
 距離的には2500m以上でもよかったんだけど、2200m以上というと京都記念、
 日経新春杯と京都コースのレースになるので、コース適正も含めて。
 大阪杯は本番には直結しないレースなので、そのレースだけでは判断出来ません。
 →ステージチャンプ、サンライズジェガー、イングランディーレ

④ダイヤモンドS連対(+京都コースで連対実績)
 3200m以上のレースなので、長距離適正があるのは間違いないので。
 →ステイゴールド、エリモエクスパイア

⑤菊花賞最先着馬(菊花賞馬が出走してない場合)
 →スズカマンボ(ついでにこの馬は古馬の重賞で勝ってました)

⑥オープン連勝馬(2500m以上を含む)
 →ビッグゴールド

以上、①~⑥に当てはまってます。


過去18年、1番人気として信頼出来たのは10頭、連軸として信頼出来たのが3頭、
後の5年は軸に出来る馬がいなかったので、大荒れのレースになっています。
その5年の馬連の配当と上記の項目に当てはまっていた頭数(1番人気馬を除く)を
書いてみます。
      

      頭数    馬連
95年   7     4090円
03年   5    16490円
04年   8    36680円
05年   8    80520円
07年   8    20750円

1番人気馬が3着以下に負けるのが分かってるので、この場合、点数は多くなりますが、該当する馬のBOX買いをすれば確実に当たります。
絶対来ないだろうという馬を外してもいいと思いますが、そうした場合、はたしてイングランディーレ、サンライズジェガー、ビッグゴールドが買えたかどうか・・・。
実際、俺は外してます(笑)。去年はサムソンから買ってかろうじて当たりましたが。

今年はホクトスルタンが穴人気になってるけど、重賞で連対実績のない馬が
春天で連対したことはないんじゃないかな。それとも、2500m以上の準オープンを一秒以上の大差勝ちという新しいパターンが加わるのか。

前売りを見るとアサクサキングスーメンショウサムソンでも11倍つくし、
アサクサキングスが堅いとなるとその他でもけっこうつくのでおいしいんだけど、
オッズ的に見ると荒れそうな気配もないことはないし・・・。迷いますね~(笑)。
ここは皐月賞の時みたいに、3連複も買っておこうかな。

まあ、レースまでじっくり考えてみましょう(^^)。


参考になってたら、クリックよろしくお願いします↓
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


参考にしてます



ワンコイン競馬予想



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月02日

(金曜日)

的中率100%「天皇賞(春)の法則」~軸馬決定~

枠も決まり、前々日の前売りオッズを見ましたが、どうやらアサクサキングスが1番人気のようですね。個人的には「法則」関係なく、大阪杯の結果(内容)を見た時点で、アサクサキングスが本命だと思ってました。

という事で、今日は「春天の法則」を完成させたいと思います(^^)。

まずおさらいとして1番人気が堅いかどうかのチェック方法。

◎前年、G1(ジャパンCか有馬記念)で1番人気。 
 ・該当馬7頭すべて連対しています

この2つのG1は、古馬の強豪とクラシックで活躍した馬が一緒に走るレースなので、
このレースで1番人気に指示されるという事は、相応の実績があるだろうし、
その実力が認められているという事だと思います。

◎前年G1勝ちの実績(基本的に前走G2勝ち)。
 ※ただし、長距離適正の有無が重要なレースなので、
   3000m以上の重賞勝ちの実績が必要
 
 ・該当馬5頭中3頭が連対、
 ※をクリアしてなかった2頭(トウカイテイオー、シルクジャスティス)は負けてます。

○1番人気が信頼出来る時は、基本的に堅くおさまってます。
 ・相手はほとんど、3番人気以内(91年ミスターアダムス以外)で、
  前走G2連対かG1連対実績のある馬で決まってます。


それでは1番人気馬が信頼できない場合はどうするのか??

1番人気に匹敵する実績の馬がいれば、その馬を軸にします。

①前年、G1(ジャパンCか有馬記念)で1番人気
②前年、G1(ジャパンC、有馬記念を含む)2勝馬
③重賞3連勝


上記の3つは1番人気になってもおかしくない実績なので、
どれかに当てはまっていればその馬が軸となります。

・過去4頭いますが、4頭全て連対しています。

 92年、メジロマックイーン
 98年、メジロブライト
 02年、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット


あと補足のデータとして、新聞などで書いてるので、みなさん知ってるとおもいますが、

◎前年の天皇賞馬が連覇を目指して出走して来た場合、
  90年以降、6頭全て(3番人気以内で)連対しています。

  ちなみに87年のクシロキングは5番人気で5着でした。

今年のメイショウサムソンはどうなんでしょう???

◎前年の菊花賞馬が出走して来た場合、12頭中7頭が連対してますが、
  1番人気になった4頭は、全て連対してます。


今年のアサクサキングスはどうなんでしょう???

このデータだけだと、2頭で堅いような感じもしてきますが(笑)。

1番人気が予想されるアサクサキングスは前走で負けたのが、(古馬相手に勝ちなしという点で)ちょっと気になりますが、本番とは直結しない阪神2000mだし、内容的には強いなと思わせるものだったので、大丈夫・・・???

アサクサキングスを危険と見るなら、メイショウサムソンが軸となりますが、
近3走で、勝ち星がないというのは異例なので、こちらの信頼性も???

荒れる要素がなくもない今回の天皇賞です。


あと「連対馬の法則」として、どんな実績の馬が人気薄で連対するのかというのを書きたいと思いますが、力尽きたのでいったんこの辺で終了します。興味がある人はまた見に来てください(^^)。

参考になったなと思った人は、クリックよろしくお願いします(^^)。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



こちらもよかったら参考にしてください!
  ↓ ↓ ↓





★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

05月01日

(木曜日)

戦国ダービーへ向けて、青葉賞の見所

今年のダービーは皐月賞馬のキャプテントゥーレが戦線離脱で、絶対的な本命が不在の為、「法則」の見せ所となりそうです(^^)。

ダービートライアルの青葉賞はダービーを予想するうえで、重要なレースになりそうです。
青葉賞のメンバーを見渡したところ、なかなかレベルが高いメンバーなので、
勝ち方によっては、ダービーの本命になるかもしれないので、注目しています。

まず目につくのは、ファビラスボーイ。
キャリアは2戦と浅いけど、前走は中団から抜け出して快勝。
ファビラスラフイン×ジャングルポケットと血統も文句なし。

次は、アドマイヤコマンド。
新馬勝ちの後、毎日杯連対と能力は高い。
初の左回りでどういう競馬を見せるのか。
これもアグネスタキオン産駒、今年のクラシックのトレンド。

さらに、クリスタルウイング、マゼラン、モンテクリスエス、アルカザンと続きますが、
とにかく、どの馬が勝つのか注目していてください!

「ダービーの法則」はまたその時に披露しますので(笑)。


↓いろいろな競馬情報はコチラです↓

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ







★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

 相互リンク募集中! 

 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 
 競馬利殖ソフト 
 JRA 今週の重賞 

 プロフィール 

セイン♂

Author:セイン♂
競馬歴は10年くらいです。
一緒に「勝ち組」を目指しましょう!
好きな馬は、
サイレンススズカ、エアグルーヴ。
音楽(ロック)が好きなので、
「音楽ブログ」もやってます。
広島カープのファンです。

 ワンコイン競馬予想 
 クリックお願いします 

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 ブログランキング 
 FC2カウンター 

 インターネット新聞 
 無料資料請求 
 競馬予想サイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。