「ダービーの法則」

競馬で毎月20万儲けている「競馬の法則」を教えます!一緒に春のG1で勝ち組になりましょう!おすすめの競馬商材の紹介などもやっていきます。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

12月29日

(月曜日)

「有馬記念が終わって・・・」

「ダイワスカーレット、牝馬として37年ぶりの勝利!」

ダイワスカーレットは予想通りの強さでしたね!
俺の見解としては、ドバイワールドカップに出ても勝てるんじゃないかと思いますね。あそこで勝つ要素のすべてを兼ね備えてるんじゃないでしょうか。
凱旋門賞を狙うならエルコンドルパサーみたいな長期遠征が必要でしょう。

まずはドバイDFに出走するウオッカと共に、
海外での日本牝馬旋風を期待してます!

と話が先に進みすぎましたが、相手本線にしたマツリダゴッホ、
流れの中でああいう位置取りになってしまったんだと思うけど、
それはそれとしてジャパンCの好走で陣営や騎手に油断というか楽観的な雰囲気が出てしまったんじゃないかなと(苦手の東京であれだけ走ったんだから、得意の中山ではという)。
去年みたいなガムシャラさがなかったように感じました。

2着アドマイヤモナーク・・・、
この結果を見て、というか競馬の結果を見るたびにつねづね
「先入観は捨てなければいけない」と思ってます。

正直、「アドマイヤモナークはないわ」とまともに出馬表も見てなかったけど、あらためて戦績を見ると、いかにも「有馬」で穴を開けるタイプの馬でした。G2日経新春杯勝ち、中山の日経賞こそ3着ですが、京都大賞典2着、参考外の東京のG1で連続2桁着順の後(レベルの高いレースでもまれて)、右回りの有馬で一発というのは、アメリカンボスみたいですね。

前がやりあうなら大穴としてベンチャーナインがおもしろいと少し狙ったんだけど(穴として挙げていたエアシェイディと共に馬連で1000円買ってた)、今考えるとベンチャーナインよりは全然買えてましたね(^^;)。
まさかその下の最低人気馬とはなあ・・・。

結果的には、エイシンデピュティの回避は大きかったと思います。
あれでダイワとしても展開的にだいぶ楽になったんじゃないかな。

「やはり、ダイワスカーレットは強い!」

有馬を終えての感想はこれに尽きます。

俺としては、年度代表馬はこの馬で決まりです!
今年G1勝ちは、この有馬だけですが、パフォーマンス的にという意味で。

有馬記念も終わってしまいました・・・、
最後の最後に予想を外してしまいましたが、
来年はもっと競馬で稼ぎまくりたいです(笑)。


また春のG1でお会いしましょう(^^)。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
スポンサーサイト

★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月28日

(日曜日)

『有馬記念の法則』~予想~

まず、連軸馬の法則」に今年の出走馬を当てはめてみます。

1番人気のダイワスカーレットは、前走・秋天で2番人気という事で、「法則」的には連軸としての信頼性は低いです。

過去似たようなパターンとして、3歳時、前年の有馬で2着だったヒシアマゾンが、前走のJC・2番人気で2着の後、有馬で1番人気で連対を外してます。

ダイワスカーレットが信頼出来ないとなると、連軸候補になるのは、前走G2以上のレースで1番人気だった馬、アルナスライン、フローテーション、カワカミプリンセスになります。

アルナスラインとフローテーションは菊花賞2着がありますが、共に重賞未勝利、カワカミプリンセスも牝馬G1だけの実績で、3頭共、近3走勝ち星がないようでは、ちょっと軸にはしずらいですね~。

となると、過去のパターンとしては、「直結レース(春天、宝塚記念、菊花賞)」の勝ち馬から流すんだけど、エイシンデピュティが回避したので、これも勝ち馬不在となりますね。
う~ん、エイシンデピュティ狙ってたんですけどね。

過去ここまでで、軸になる馬がいないというのはなかったんですけどね~。
これは今年はデータが通用しなく荒れるということでしょうか??

こうなると、前年の覇者で今年も中山G2を2勝しているマツリダゴッホが最有力でしょう。アルゼンチンージャパンC連勝のスクリーンヒーローもあるかと。

とりあえず俺の予想は、

◎ダイワスカーレット
○マツリダゴッホ
▲スクリーンヒーロー
△フローテーション
 アルナスライン
 アサクサキングス
 メイショウサムソン

ダイワスカーレット本命は秋天の時から決めてたので。
ただデータ的には連軸としての信頼性は低いので、マツリダゴッホと2頭軸の3連複あたりで勝負しようかなと思ってます。最悪3着までに来てくれれば。

フローテーションを狙ってましたが、思ったより人気になってるのと、
ローテ的に前走は余分ですね。

アサクサキングスが人気をかなり落としてるので、配当的には狙い目でしょうか。春天では1番人気、前走はルメールのヘタ乗りなので参考外。

でも今年は有力馬がほとんど前目の競馬なので、
穴ならエアシェイディ、大穴ならベンチャーナインとか??

とりあえずレース直前までじっくりと考えてみます(^^)。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月27日

(土曜日)

『有馬記念の法則』~続き~

有馬記念の枠順が決定しましたね~。
という事で、今回は「連軸馬の法則」を書いてみます。

まず1番人気の信頼性をチェックします。
過去16年、1番人気で連対した10頭をデータ分析すると、

①3~5歳(牡馬)
②前走、G1かG2で1番人気
③前2走のどちらかで勝っている

この3つの項目すべてに当てはまってました!

ただし去年の1番人気だったメイショウサムソンは、
この条件にハマってましたが、連対を外してます。
これは、重馬場の影響もあったんじゃないかと思われます。
後方からの脚質(武豊の乗り方)だし。

1番人気が堅い場合、相手はすべて6番人気以内で決まってます。

サムソン以外の連対を外した5頭は、
どんな戦績だったのか書いてみます。

92年、トウカイテイオーは前走、ジャパンC・5番人気(1着)。
95年、ヒシアマゾンは前走、ジャパンC・2番人気(2着)の牝馬。
98年、セイウンスカイは前走、菊花賞・2番人気(1着)。
01年、テイエムオペラオーは、前2走、秋天・JC連続2着。
02年(梢重)、ファインモーションは前走、エリ女・1番人気1着の牝馬。

3頭は前走、1番人気ではありませんでした→②。
01年、前2走で勝ってない馬が1番人気になったのは、
過去15年、この年のオペラオーだけ→③。
02年ファインモーションは牝馬G1の実績だけ→①。
それかこの年も梢重だったので、こういう時は、
荒れると思ったほうがいいかも。

それでは、1番人気が「連対を外す」と分かった場合、
どんな馬を軸にすればいいのか??

①(基本的にG1勝ちの実績があり)前走、G1かG2で1番人気。

これに当てはまる馬を人気順にチェックしていきます。

98年、4番人気→1着、グラスワンダーは、ア共和国杯1番人気。
02年、2番人気→1着、シンボリクリスエスは、JC1番人気。
(ただし、95年2番人気のナリタブライアンはJC1番人気ながらとんでます。前2走が秋天12着、JC6着という成績でした。

②→前2走共、掲示板を外しているような馬は消し

この方法で決定した「軸馬」から、
G1馬、「直結レース」連対馬、中山G2連対馬に流せば、
「過去16年、的中率100%の法則」の完成となります。

もし①②の方法で、該当する馬がいない場合、
「直結レース」勝ち馬が軸となります。

92年、宝塚記念勝ち馬メジロパーマー、15番人気→1着。
95年、菊花賞勝ち馬マヤノトップガン、6番人気→1着。
01年、菊花賞勝ち馬マンハッタンカフェ、3番人気→1着。

あくまで過去のデータですが、今年の有馬記念出走馬に当てはめてみれば、どういうレース(結果)になりそうなのかが見えてきますね(^^)。

  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月25日

(木曜日)

『有馬記念の法則』

朝日杯のフレイクランアウトは能力のあるところは見せましたが、
やはり連軸としての信頼性には欠けましたね。
俺の本命のフィフスペトルはなんとか2着だったので、
これで秋のG1は、秋華賞以外のレースは予想的中です(^^)。

今年も残すところ有馬記念だけとなりました!
秋のG1は予想的には、秋華賞以外は的中しているので、
有馬もスカッと的中させて、1年を締めくくりたいところです(^^)。

ここからは、去年『有馬記念の法則』として書いたのとほとんど同じですが、去年は結果的に外れてるので今年はリベンジです。

スポーツ新聞とかでは、過去10年のデータは載ってると思うので、
別の角度から、過去16年の的中率ほぼ100%の法則(良馬場限定なら100%)を書いておきます。

まず、傾向として有馬記念3着までの人気と馬連配当。

      1着   2着   3着   馬連配当
1992   15    5    4    31550
  93    4    1   10     3290
  94    1    6    4      820
  95    6    5    4     4770
  96    1    3   14      900
  97    4    1    2     1240
  98    4    3   11     4430
  99    1    2    5      470
2000    1    2   13      380
  01    3   13    6    48650
  02    2   13    8    14830
  03    1    4    3     1290
  04    1    3    9     1240
  05    4    1    6      750
  06    1    6    3     1070
  07    9    5    6    22190

これを見てもらえれば分かりますが、
1番人気は10連対で、1番人気が連対した場合、
相手はすべて6番人気以内で、比較的堅くおさまっています。

1番人気が連対を外した6回は、配当4000円以上、
万馬券が3回と荒れたレースになっています。

まず1番人気馬が信頼出来るかどうかがポイントになります。

それから、「穴馬の法則」として、
人気薄(6番人気以下)で劇走するパターンを解明してみます。

有馬記念は、距離・コース形態などから「直結」するレースがあり、
それは、「天皇賞(春)、宝塚記念、菊花賞」の3つのG1です。
(G2なら、阪神大賞典や京都大賞典など)
過去15年、この3つのレースの連対馬が有馬記念で連対しなかったのは、02年の1度と(ただし、02年は東京競馬場改修の為、中山で行われた「秋天」を勝ったシンボリクリスエスが1着)、
そして去年のメイショウサムソンです。
去年のサムソンは重馬場の影響もあったんじゃないかと思うけど・・・。

この「直結レース」から人気薄で劇走した馬。
92年、15番人気→1着で、大万馬券を演出した
メジロパーマーは宝塚記念勝ち!
98年、11番人気→3着のステイゴールドは、春天・宝塚記念2着、
04年、9番人気→3着のシルクフェイマスは、宝塚記念2着、
近走不振で人気を落としていても要注意です。

 
次に、威力を発揮してるのが、中山コース巧者で、
「その年に、中山で行われるG2で連対した馬」

有馬史上最高配当だった、01年、最低人気で2着に突っ込んだ
アメリカンボスは、年明けのAJC・中山記念を連勝!
02年、13番人気→2着タップダンスシチーは、日経賞2着、アルゼンチン共和国杯(中山)3着で、中山2500の実績ありでした。
この年、8番人気→3着コイントスは、ア共和国2着。
00年、13番人気→3着ダイワテキサスは、中山記念勝ち。
そして去年のマツリダゴッホは記憶に新しいところでしょう。

この中でも、やはり中山G2を2勝していたアメリカンボスとマツリダゴッホの人気薄2頭の激走が光ります。

それと忘れてましたが、万馬券の4頭に共通してるのが、
「4角2番手以内」という逃げ・先行脚質でした。
この他に細かいデータはいろいろありますが、大まかにいえば、
こんな感じですね。

このように、すべての穴馬は、意味もなく走る訳ではなく、
劇走するには、「それなりの理由」があるという事です(^^)。

 
さて、今年の有馬記念が荒れるか荒れないか、1番人気が信頼出来るかどうか、出走メンバーの戦力分析など、これからいろいろと有馬記念を楽しんでいきましょう!!

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月21日

(日曜日)

「朝日杯FS」

先週のブエナビスタは強かったですね~。
ディープインパクトに近いものがありました。
あれだけの能力なら、もうダービー行きは決定でしょう!

さて朝日杯FS、
一番人気のブレイクランアウトですが、能力は相当だと思うけど、
信頼性という点では疑問です。脚質的にも厳しいかも。

フィフスペトル
ミッキーパンプキン
ホッコータキオン
シェーンヴァルト
の順でしょうか。

来週はいよいよ有馬記念!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月14日

(日曜日)

阪神JF予想?

メンバーを見渡したところ、絶対的に馬はいないけど、
なかなかレベルのメンバーが揃ってますね。

一番人気のブエナビスタだけど、確かに前走の勝ちっぷりもいいし、血統的背景や素質は充分あると思いますが、未勝利を勝ったばかりの1勝馬にしては過剰人気な気もします。

◎ジェルミナル
○ブエナビスタ
▲ダノンベルベール
△ファンタジーS組
 ミクロコスモス

俺が印をつけたとしても、やっぱりこの3頭になってしまいます。
一応、黄菊賞勝ちのジェルミナルかなと。

とはいっても絶対的に信頼は出来ないので、買うとすればBOXでしょう。
上位馬のレベルからそんなに荒れないと思うので、
あんまり面白みはなさそうなのでパスします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月10日

(水曜日)

阪神JFは・・・

JCダートはかろうじて、というか自分的には会心でした。

ヴァーミリアンからサクセスブロッケンとカネヒキリへのワイド2点。
ヴァーミリアンーカネヒキリの組み合わせですが、
本当(実力通り)なら馬連で5倍くらいが妥当なところだけど、
ワイドで5倍もつくので、思わず勝負しました。

これで予想的には、外したのは秋華賞だけなので悪くない成績でしょうか。

今年の阪神JFは絶対的な軸になる馬がいないので、
BOX買いで高配当をゲットするのがセオリーですが、
絞り込めるかどうかですね~。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月06日

(土曜日)

ジャパンCダート

ダートは本職じゃないので、
とりあえず適当な予想だけ(笑)。

う~ん、どうみてもヴァーミリアンとサクセスブロッケンで
堅いんじゃないっすかね。
確実にいくとするならば、
ワイドで2倍つくんなら買ってもいいけど。

カネヒキリは叩き2走目でどうなんでしょ??
こちらはヴァーミリアンとのワイドで6倍かあ。
まだ衰えてないんだったらおいしいけど、
買いづらいなあ・・・。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:競馬予想 - ☆ジャンル:ギャンブル

2008年

12月03日

(水曜日)

ジャパンC結果論

まさかスクリーンヒーローが勝つとはなあ。
ディープスカイは勝ち馬を除けば予想通りのレースをしましたが・・・。

馬券的にはなんとかウオッカが3着に来たので、3連複でとりました。
外国馬と絶対来ないような馬は買ってませんが、
おさえで買っててよかったです。
スクリーンヒーローは「デイリー」のデータで本命になってたんですよね~、
それを見た時は、本命はないやろと思いましたが(^^;)。

マツリダゴッホは惨敗してほしかったんだけどな~。
有馬では本命ダイワスカーレットで、相手本線にマツリダゴッホと決めてたんだけど、これで人気(2番人気?)になるだろうし、ジャパンCで走ってしまうと、今いち有馬では狙いづらいような気がします。

スクリーンヒーローはフロック的な勝ち方ではなかったので、
強いんだろうとは思いますが、有馬記念ではどうなんでしょう??

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★テーマ:レース回顧 - ☆ジャンル:ギャンブル

 相互リンク募集中! 

 ブログ内検索 

 ブロとも申請フォーム 
 競馬利殖ソフト 
 JRA 今週の重賞 

 プロフィール 

セイン♂

Author:セイン♂
競馬歴は10年くらいです。
一緒に「勝ち組」を目指しましょう!
好きな馬は、
サイレンススズカ、エアグルーヴ。
音楽(ロック)が好きなので、
「音楽ブログ」もやってます。
広島カープのファンです。

 ワンコイン競馬予想 
 クリックお願いします 

にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

 ブログランキング 
 FC2カウンター 

 インターネット新聞 
 無料資料請求 
 競馬予想サイト 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。